面接でよくある質問「退職理由」の正しい回答は?

転職について

面接で退職理由を聞かれるのは、面接者は聞かれるのを理解していても答えづらいものです。

退職の理由が面接する人に納得できる理由なら、落ち着いて話せるでしょう。

ですが、「賃金」「待遇」「対人関係」など、自分の価値観で退職したら説明がしづらいものです。

面接官に退職理由を聞かれた時、退職をした理由の説明を具体例あげて箇条書きに説明しました。

嘘はいけませんが、表現を変えることは出来ます。

面接で退職理由を聞かれても、慌てることがないようにしてください。

面接官はどうして退職理由を聞くの?

面接官は、中途採用者を面接する時に、必ず退職理由を聞きます。

どうして聞くかといいますと、退職の理由は人それぞれです。

 

ですが、注意してほしいのが面接官は、求職者の退職理由を答える時の表情をみています。

退職の理由を聞いた時に「辛そうな表情」や「無表情」なのかや、「納得した表情」をするかどうかを細かく見ているのです。

退職の理由は、先ほど人様々と書きました。

まとめてしまえば、主な退職理由は大きく分けて以下のとおりです。

・人間関係
・賃金
・会社の将来性

 

このうち最も話にくいのが、「人間関係」です。

賃金は、前職の「源泉徴収票」など会社の将来性は、調査しようとすれば情報はすぐに手に入ります。

しかし、人間関係だけは面接官には、情報を得ることができません。

面接では余り人間関係の話をすると、よく思われないことが多いです。

面接官は人間関係だけは、面接者の説明を聞いて納得できるかどうか、判断をしなくてはいけないのです。

考えても見てください、すぐに怒る人や問題を起こしそうな人を、雇い入れると思うでしょうか。

いいえ、トラブルを起こしそうな人は、雇い入れることはしません。

なので、些細な人間関係で嫌なことがあり、退職をしたとしても話してはいけないのです。

 

確かに、ブラック企業で働いていて、人間関係も良くないとい言う理由で退職するかもしれません。

しかし、そういう話は面接では、話をしないほうが良いでしょう。

また、他の退職理由と比較すれば、何倍もの注意を払って面接者の言うことを聞こうとします。

「なんか、この人の言っていることつじつまが合わないな」

「この待遇で納得できないなんてどうしてだろう?」

 

面接官が、このように考えると求職者に対して、「また人間関係で退職するかも」と、疑念を抱かれてしまいます。

人間関係で退職した方は、事実だけを具体的に話すことが採用への近道になります。

退職理由で絶対に言ってはいけない5つのこと

退職理由では、絶対にいってはいけないことを箇条書きに書きます。
覚えておきますと面接に役立ちます。

1 同僚の方が評価高かったので退職しました

この退職理由を直接言う人は、まずいないという人が多いはずです。

しかし、自分の言っていることをまとめてしまうと、このことを言っているということに気付かなかった人もいるはずです。

 

1の退職理由を言うのでしたら、以下のような表現にしたほうが良いでしょう。

「初めからやり直したいので退職しました」

このほうが、まだ高評価につながります。

面接をしても、採用につながりやすいでしょう。

2 人間関係に悩んで退職しました。

人間関係に関しての退職理由は、私自身も面接をして何度も言ったことがあります。

そのたびに、面接で必ず不採用の手紙が、自宅に届いたのです。

 

ですが実際には、この理由で辞める人のほうが多いのではないでしょうか。

この退職理由を面接で言うと、間違いなく人事担当者は嫌がります。

納得出来る理由を話せれば、減点を少なくする言い方はあります。

人間関係に悩んで退職した場合は、事実を具体的かつ納得できるように話したほうが良いです。

嘘をついて採用されても、事実が明らかになってしまえば、せっかく採用してもらった会社を去ることに繋がりかねません。

「課全体が運動系で、文科系の私は課の業績に貢献できませんでした。」

こう説明すると、察する面接官は解ってくれることがあります。

 

3 会社の業績が悪くて退職しました。

会社の業績は、調査すれば解ります。

この言い方を少し変えてください。

 

「私の力では、会社の業績を変えることは出来ませんでした」

以上のような理由なら、印象が良いのではないでしょうか。

4 賃金が合わなくて退職しました。

給料のことをあまりに強調すると、「入社してから待遇の面で問題を起こすかも?」と疑われます。

4の退職理由は、以下のような感じが良いでしょう。

 

「家族が増えたので~」

「両親の面倒を見なければならないので~」

というように給料を人事担当者がチェックして、納得できる給料でしたら問題はありません。

5 労働条件で退職しました。

この退職理由は、人事担当者が採用を辞めます。

労働条件と言わずに、以下のような退職理由なら良いかもしれません。

 

「残業時間が長すぎて~」

しかし、この労働条件で「体力が持たない」というのは、言わないほうが良いです。

理由は、体力がないという場合は、「うちとこも、体力必要ですよ」とか言われる可能性があります。

これを言われると、100%不採用になった経験があります。

労働条件と言わずに、具体例をあげた説明をしてください。

つまり、労働条件と言ってしまうと、採用したあと労働運動に関心がありますって面接者に印象づけてしまいます。

まとめ

退職理由は、最初に書いたように話しづらい質問です。

面接してもらう人は、自分の言った退職理由が原点にならないか心配しています。

 

中途採用者は、理由があって退職してくるはずです。

それが面接官に共感をえるか不安に感じているのではないでしょうか。

しかし、人事担当者は数多くの面接を通じて、退職理由を話す態度をまず観察しています。

自分勝手な理由で退職していない限り、面接官に伝わるはずです。

もし、他の人から見て自分勝手な理由で退職してしまったら、退職したことを反省してやり直すことを人事担当者に伝えることが大切になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました