30代の面接で資格を上手くアピールする方法とは?

転職について

30代で転職をするとき、資格を持っていると有利になる資格があります。

企業を経営していく中で資格保持者がいないと市場参入できない資格をもっている人は、面接に臨んだとき人事担当者への最大のアピールポイントになります。

例 公認会計士 税理士 社労士 MBA 宅地建物取引主任者など資格保有者がいないと、企業が収益を上げることが出来ない資格です。

しかし、上に掲げた資格は持っている人は、独立をして自ら収入を得ることができる資格です。

資格をもつことで採用される資格もありますが、資格だけでは採用してくれない企業の方が多いといえます。

しかし資格を持っていることは、それだけでアピールになることを、ここでは書きます。

就職、転職に有利とされている資格を持っている30代を対象とした、面接官に上手くアピールできる方法があります。

資格を持っている人も、これから資格を取ろうとしている人も読んでください。

面接官はここを見ている!資格のアピール方法

資格を持っている人を対象とした、リクルートの行った調査「就職白書」によれば、企業が採用にあたり重視する項目1位は「人柄(90%が重視」2位は「熱意(78%が重視)」3位は「今後の可能性(70%が重視)」です。

一方で、語学は15%、資格は13%の企業しか重視していません。

 

実は、多くの企業側の面接官は、資格を重視していません。

では資格をとることは全く無駄なのでしょうか?違います。

資格を持っていることで、面接官にアピールすることは可能です。

資格をもっている人に対し、転職者が聞かれるのは、「その資格を持っている目的はなんですか」と必ず聞かれます。

前職でその資格を取ったことで、何の業務に役立てたのかということを聞かれます。

在職中に取得した資格でしたら、面接官は資格の取得動機に関心を持ちます。面接をする時は、資格を取った動機を必ず説明できるように準備をしておいて下さい。

資格のアピール方法は、合格をまでの難しさをアピールするのではなく、その過程で自身が何を感じ、どれだけの努力をしたのか、客観的に解るように説明出来れば、面接官へのアピールになります。

 

採用面接で資格を上手にアピールするポイントはこれ!

採用の面接で人事担当者から、資格のことで質問を受けた時のアピールポイントを箇条書きします。
・資格をなぜ取ることにしたのか
・取得までの費やした時間
・努力してきた過程

 

面接官は、その資格より、動機、努力過程を採用へのポイントとして加点します。

最悪なのは資格のことを尋ねられ返事だけで終わらしてしまっては、資格をアピールするどころか減点になりますので、気をつけてください。

30代の転職に資格をもっているのが、採用面接する企業が必要としない資格であっても、その資格をアピールすることは出来ます。

 

その資格が社会の貢献するものであれば、積極的に面接官に説明するべきです。

これからの企業は、利益追求だけでなく、社会貢献が問われます。社会貢献につながる資格は有利になるはずです。

 

難関な資格であれば、取るまでのコツを説明すると、面接官は納得します。

資格を取得するまでのコツは、企業に入社したのち、難解な課題を解決できる人材と評価します。

それを解りやすく説明出来ればアピールにつながるはずです。

まとめ

資格をとるのには、相当な労力と時間を費やす資格が数多くあります。

30代で転職をするときに、自分の持っている資格が、企業で募集している職種では、必要な資格でなくても面接官にアピールすることは採用への近道になることを説明しました。

 

企業は、確かに資格で採用することはありませんが、採用希望者が資格を取ることに費やした時間と努力は、評価をします。

資格を取る過程を通じて、あなたの人柄を見ているのです。

これから資格を取ろうとしている30代の転職希望の方は、資格を取ることが採用に通じることもあります。

最大のアピールポイントは、資格取得を通じ自己のPRも兼ねていることを覚えておくべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました