絶対に稼げなくなる最悪な4つのキーワード戦略とは? | 40代派遣社員が1年でネット収入10万円稼いだ方法
  1. TOP
  2. アクセスアップ
  3. 絶対に稼げなくなる最悪な4つのキーワード戦略とは?

絶対に稼げなくなる最悪な4つのキーワード戦略とは?

アクセスアップ この記事は約 10 分で読めます。

絶対に稼げなくなる最悪な4つのキーワード戦略とは?

 

 

僕はサイトに全くアクセスがないって
良く悩むことがあります。

 

 

「なんでアクセスがないのかなぁ」

 

 

そう思いつつアクセスのないサイトを眺め考えていました。

 

 

色々と自分のサイトを観察していく中で
4つの重要ポイントが欠落していることに気づいたんです。

 

 

 

その4つの重要ポイントとは?

 

 

[imglist icon=”arrow2″ color=”orange”]
  • 一つのキーワードしか狙っていない
  • そもそもキーワードが入っていない
  • 読者目線での記事タイトルではない
  • ターゲットを一つに絞っている
[/imglist]

 

 

一つのキーワードしか狙っていないって言えば
「え?もちろん一つのキーワードだけじゃアクセスは来ないよ」って思うでしょ?

 

 

例えば・・・

 

 

ルレア 口コミルレア 評価

ルレア 稼げる

ルレア 詐欺

ルレア 本音

ルレア 販売者

ルレア 量産

ルレア 作業量

 

 

 

な~んてキーワード戦略をしている時点で
一つのキーワードしか狙っていないことになります。

 

 

 

僕自身のサイトもそうでした。

 

 

 

でも「本当にそんなやり方やっている人いるの?」って
あなたは思うかもしれません。

 

 

 

 

情報商材アフィリエイトだけに限らず
物販アフィリエイトでも「商品名 口コミ」とか
そういうたぐいのキーワードしか狙っていないサイトありますよ。

 

 

 

色々とライバルチェックをしていると
たまにいるんですが、そういうサイトって正直気持ち悪い。

 

 

 

 

 

 

自分のサイトを冷静に見てもそう思ってしまいます。

 

 

なぜなら、商品名で検索上位を狙って
高額な報酬単価の商品を売る気満々に見えるからです。

 

 

 

 

「それのどこが悪いの?」って思うかもしれませんが
だいたい、「ルレア」にしても商品名だけで
検索をする人ばかりじゃないですよね?

 

 

 

例えば、量産をしても稼げない人が
「稼げるノウハウはないかなぁ」って検索をする。

 

 

 

そういう場合は「量産」というキーワードを使うかもしれません。

 

 

 

 

 

 

だから、そういう人をターゲットにして
商品名を使わず「量産」というキーワードを使っても良いですよね。

 

 

 

視野の狭くて一つのキーワードに執着しすぎたから
結果的に僕のサイトはアクセスが集まらなかったんです。

 

 

[memo_h4 style=”1″ color=”black”]初心者ならインパクトは狙わないほうが良い![/memo_h4]

 

 

 

 

昔のブログを見ると見事にキーワードなんて
記事タイトルに含めていませんでした。

 

 

 

ただ、記事タイトルにインパクトだけを無理に狙って
アクセスを集めようとしていたようにも感じます。

 

 

 

 

 

いやいや、アフィリエイトを1年以上しているなら
記事タイトルのつけ方も大体わかっているから
インパクト狙いでも良いんです。

 

 

 

でも、1年未満の人が最初から
記事タイトルにインパクトをつけるとどうなるか・・・

 

 

 

 

 

アクセスは集まりません・・・

 

 

 

 

 

今の僕はインパクト狙いの記事タイトルもありますが
ほとんどがキーワード狙いの記事タイトルです。

 

 

 

なので、アクセスがある程度集まるまでは
記事タイトルにインパクトは不要だと感じます。

 

 

 

 

[memo_h4 style=”1″ color=”black”]稼げていない人ほど独りよがり[/memo_h4]

 

 

 

 

同じ作業をして同じ努力をしているのに
僕と同期の人は大きく差を開け「〇レア」を販売しました。

 

 

 

〇OTOさんあたりが同期のはずですが
ひょっとしたら後発組の人かもしれません。

 

 

 

 

昔のブログを見ると「〇レア」の販売者の一人である
〇OTOさんがコメントに来ていたことがあったようですね。

 

 

 

 

別にすごくもなんともないですけどね。

 

 

 

自慢にもならんでしょ?・・・

 

 

 

しかも、昔の僕のブログでは記事タイトルは
読者目線の記事タイトルではなかったんです。

 

 

 

 

 

 

当時って、売る努力をしていたはずですが
視野が狭いばかりに後発組にガンガン抜かされていったのでしょう。

 

 

 

今現在は、手探りでも読者目線で記事タイトルを考えるようにしています。

 

 

 

[memo_h4 style=”1″ color=”black”]それダメ新常識!ターゲットは一つに絞ると稼げない![/memo_h4]

 

 

新商品を紹介して一時的に成果を大きく出せるときがあります。

 

 

しかし、検索エンジンの変動や
新商品を紹介しようと参入するアフィリエイターもいるので
稼ぎ続けるのはむつかしくなります。

 

 

 

 

 

稼げない人と稼げるようになる人の違いは
競争をしなくても良いキーワードを早めに見つけるか見つけないかの違い。

 

 

つまり、激しい競争をいかに避けることを考えるようにすれば
結果は安定し続けます。

 

 

 

「そんなにうまくいけばよいけどな」って思うかもしれませんが
結果を出せている間というのは検索エンジンにも評価されているはずです。

 

 

 

 

なので、その間に手探りをするかのように
商品名以外でアフィリエイターのいないキーワードを
早めに狙っていくのがポイントです。

 

 

 

どんなテーマでも「市場には二つの山がある」ということ。

 

 

 

 

 

「山」というのは、もちろんターゲット層のことで
2つのターゲット層を見つけることができれば結果が出やすくなります。

 

 

 

例えば、住宅販売の場合を考えれば30代後半~40代前半で
初めて住宅を買う場合があるそうですが
実は、そうした中でも60代の人が家を買うケースもあるんです。

 

 

 

あなたは「当然じゃないか」ときっと思うはず。

それをアフィリエイトに当てはめれば
ターゲット層は1つだけではないっていうのがわかりますよね?

 

 

 

 

 

なので、ターゲットを一つに絞っては稼げないというのは
視野が狭く20代なら20代にしかターゲットを集めていないってことです。

 

 

 

視野が広いというのは年齢層も広げたり
どういう環境の読者でどういう悩みを持っているかまで
考えたほうが結果は出やすいというのがわかったんです。

 

 

 

 

 

つまり「背中ニキビ」を治すためのケア商品を紹介するなら
「背中ニキビ」や「商品名」で記事タイトルを考えるかもしれません。

 

 

 

しかし、こうした人たちの悩みって
背中のニキビだけですか?

 

 

 

 

いえ、違います!

 

 

 

 

背中の手が届かないニキビもケアがしたいと
そう願っているかもしれません。

 

 

なので、「背中ニキビ 手が届かない」というキーワードも
狙ったほうがアクセスを集めやすいです。

 

 

 

結論としては・・・

 

  • キーワードは一つだけに集中してはいけない
  • 記事タイトルにはキーワードを含める
  • 記事タイトルを考える場合は読者のことを考える
  • 関連ターゲット層が複数ないかを観察する

 

 

つまり、キーワードを一つだけに集中していると
新商品なら良いかもしれませんが
激戦キーワードならアクセスが集まりにくいということです。

 

 

 

さらに、記事タイトルをつける場合は
読者のことを考えるのも重要です。

 

 

 

 

理由は、検索ユーザーが検索する可能性があるキーワードを
自ら作り出せるヒントがあるかもしれないからです。

 

 

なので、関連ターゲット層が複数いないか
見つけ出すのも需要なことだと感じます。

 

 

あ、そうそうキーワードを見つけるには

こちらで紹介しているサイトが役に立ちますよ。

 

↓↓      ↓↓

 

キーワードの参考になる7つのサイト一覧

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

40代派遣社員が1年でネット収入10万円稼いだ方法の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代派遣社員が1年でネット収入10万円稼いだ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメント

  1. アラタ より:

    きりとさん

    こんばんは^^

    なんというか・・・・さすがという部分が多いですね。
    実際、きりとさんのブログの記事をいろいろと見ていると、検索エンジンからの集客をすごい意識して作られているのもそうですが、内容もしっかり作りこまれているので、ブログとしてすごい意味のある方向性を感じます。

    はじめたばかりの方だと、ブログランキングからの集客を意識して奇をてらった記事タイトルになりがちですけど、自分が実際に検索エンジンから集客できる記事っていうのはやっぱりきりとさんがつけられるようなキーワードを意識して作った記事に限られますから、改めてキーワードの付け方、そしてバランスが勉強になります。

    私も一度基本に立ち戻ってしっかり進んでいかなきゃ・・・・と思いました。

    1. きりと より:

      >アラタさん

      訪問&コメントありがとうございます。

      最初は、やっぱり読者目線で記事タイトルを考えたほうが
      結果が出やすいという結論になりました。

      当ブログを運営し始めた当初は
      若干自分の考え方に迷いがありましたが
      いま現時点では自分の考え方を貫き通そうと考えています。

      コメントをしていただきありがとうございました。

  2. MON より:

    きりとさん、おはようございます。
    ブログキーワードて
    なかなかヒットしたことがないですが
    考え方を変えてみないとだめですね。
    自分勝手のキーワードもだめなのも分かります
    ありがとうございます。

    1. きりと より:

      >MONさん

      訪問&コメントありがとうございます。

      キーワードは適当に決めても
      なかなかアクセスは増えませんね。

      なので、僕自身は読者目線で
      「自分なら」と考えるようにしています。

      コメントをしていただきありがとうございました。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

  • ペンギンアップデート4.0にも負けないブログ構築法

  • ライバルチェックで使う最適な検索エンジンとは?

  • 検索キーワードツールは混雑した道を教えるナビゲーター

  • 2017年に10万円を稼ぐための一つの方法はこれしかない!

  • ブログアフィリエイトの新常識【ユーチューブから集客】

  • ネットの収入源が一つだけだと危険な理由【実体験からの教訓】