プロ意識がないやつは成功しない!人を批判するバカもな | 失敗にシフトダウンしてみないか?
  1. TOP
  2. マインド
  3. プロ意識がないやつは成功しない!人を批判するバカもな

プロ意識がないやつは成功しない!人を批判するバカもな

マインド この記事は約 7 分で読めます。

プロ意識がない人は成功はしません。

今見ている情報商材アフィリエイトモドキのようなサイトでは
よく登場することばですよね。

今回は、知っているようで理解している人が少ない
プロ意識について紹介をしていきましょう。

今更だけどプロ意識とはなにか?

プロ意識とは、自分が行っている仕事に責任を持ち
積極的に改善や提案ができる事を言います。

プロというのは本来は、その職業で生活をする人を言います。

ですが、どこのバカが話をすり替えたのか
今は専門知識と技術がある人を言うらしいです。

とはいっても、一般的なプロというのは同じ職でも人によってはレベルも違い
やり方も説明の仕方も全く違うものです。

たとえば、車の整備士AとBがいたとして同じ年数整備士していても
説明が下手くそな人もいますし、整備レベルが素人並みの人も実在してビックリします。

アフィニャン
じゃあ、どこの店か言ってみろ

そう言われれば、明確に「○○県の○○市にある某メーカー」と
具体的に教えますので、知りたい人はコメント欄でお願いします。

人に憧れる仕事につけたからプロとか
有名大学卒業だからプロというのは間違いです。

どんな学校を出ていようが仕事が何であっても
求められている作業以上のことが返ってくるのが
プロだと某大手メーカーの偉人が朝礼で言ってました。

特に偉い人の朝礼は眠たいものですが
たまに真面目に聞くと良いことも聞けるものですね。

つまり、人に言われた作業だけを淡々とするのではなく
自分で考えて改善をして提案をしていくのがプロであるということです。

おや?あなたの言うプロと少し違ってましたか?

ライター業もそうかも知れませんが
相手の人生に感動を与えられるほど極めているなら
それは超一流と呼ばれる人たちでしょう。

じゃあ、プロ意識を持つにはどうすれば?

アフィニャン
プロじゃないのに、プロ意識は持てない

上記は、私が勝手に想像で書いたのですが
そういう事を考える人はまさかいないでしょう。

もしいたら、その考え方は間違っています!

プロ意識というのは今現在がプロであるかどうかではなく
今できているのかどうかでもないのです。

現在のスキルや環境に関係なく、相手の期待値をどれくらい超えるか
どうすれば期待値を超えることができるかという意識が重要なのです。

そういう意識を持つことで
それがプロ意識につながるということです。

たんに、プロ意識を持とうなんて言ってませんよ。

「俺はプロだ」って言うだけとか思うだけなら
誰にでもできるのです。

しかし、期待値を上げるという意識を持つだけで
プロ意識というのはオマケでついてくるのです。

そう、グリコのオマケのように。

さらにいえば、スマホを買ったら
充電器がオマケで付いてきたりする感覚と同じですね。

相手がどうすれば喜び期待値を上げられるかを考えれば
プロ意識なんてのはついてくるのです。

プロ意識のないライターの話

プロ意識のない人というのは、どの職業にも必ず1人はいます。

僕自信もリアルの仕事では、人に言われた仕事を
淡々と繰り返しその日が終われば良いと思ってました。

そんな、過去に僕が書いていた記事に似たライターさんに、現在記事を書いてもらっています。

1記事850円で、納品されますが100%私が修正し
完全に別物としてサイトにアップされます。

そのライターさんのひどいところは
私の言う簡単な注文ですら言うことを聞かないという点です。

たとえば、私が「。」で改行してほしいと言っても
改行を全くしないで納品してきます

言われた文字数はきっちり守りますし
見出しに沿った記事を書いてくれるのはありがたいです。

でも、その人はただそれだけ。

近々クビにしてやります。

私がライターをしていた頃は、見出しに足りない部分を見つけて
小見出しを作り補足をしたり読者が呼んでも分かりやすいように
表を作成して記事を作成をしていました。

つまり、記事を普通に製造するのではなく
読者に対して分かりやすい文を作ることに意識をしたのです。

つまり、記事作成依頼が来他時点で
そのテーマを読む人のことを考えて
どう知れば読みやすいかを改善しながら記事を書いていました。

これができるか出来ないかで、プロ意識があるか無いかが
分かれるのだと感じます。

同じ日にバイトで入っても先を越される理由

あなたは、こんな経験はないですか?

同じ日に就職して同じような仕事を任されたけど
相手のほうがぐんぐん成長したという経験。

その逆でも経験をしたことがないという人は
かなり少ないと言えます。

会社員(女)
お、この新人は教えた以上のことをやるな

そういうふうに思われる人は
ぐんぐん成長をしドンドン重要な仕事も任されるようになります。

これが、プロ意識がある人です。

プロ意識がない人の特徴は、仕事を教えても
中々覚えてくれません。

しかも、仕事をしてくれても
教えた以上のことは返ってきません。

つまり、創意工夫をして人を喜ばせる心を持つということ
これが欠落している人は、プロ意識がないということです。

まあ、創意工夫が出来ない人は
成長が止まるし後輩にガンガン抜かされるんですよね。

はい、経験はいくらでもありますよ。

プロ意識が高い人ほど成長し変化していく

当ブログでも、「成長して変化する」という言葉は
マインド系では何度も話に出てくる言葉です。

初心者に限って「マインド論」は気合と根性というイメージがあるようで
呼んでくれないことが非常に多いです。

まあ、アフィリエイトとかライター業などは
最終的には根性論につながりますけどね。

とくに、アフィリエイトなんてものは毎日更新して
しっかりと調べていくんですから根性がないと無理でしょう。

もし根性が欠落しているなら調べることもしない
適当な文章が出来上がってしまいますよ。

アホセンスサイトなどが、その代表みたいなものです。

アホセンスとは、集客目的のサイトでアドセンス広告を
クリックしてもらうためにタイトルだけはすごい中身のないサイトです。

プロ意識が高い人は現状満足しないで
常に次のステージを作り目標に向かいガンガン進んでいきます。

まとめ

結局、アフィリエイトでも何でも
プロ意識がない人は1円も稼ぐことすら出来ません。

現状満足してしまうと1000万円稼いでいても
成果は徐々にしぼんでいきます。

情報商材系のブログを見ると、いつも思うのですが
華々しい生活しかアピールしていません。

しかも、貧乏時代と華々しい成功した現在しか
話に出てこないのです。

しかし、そういうことをしないと
成果につながらないというのが現状なのでしょうね。

アフィリエイトでも何でもそうですが
かなりつらい思いをして、やっと成果を得ることができるのです。

その中間をふっとばして成功なんて、ありえませんよ。

\ SNSでシェアしよう! /

失敗にシフトダウンしてみないか?の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

失敗にシフトダウンしてみないか?の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

  • アフィリエイトで結果が出ない理由【知・覚・動・考とは?】

  • アフィリエイトにメンターは必要?【4年間成果0円の理由】

  • アフィリエイトで必要な三種の神器【マインド編】

  • アフィリエイトで5000円稼ぐために作業時間を有効に使う極意

  • 継続は力なりは本当? 【そんなんじゃ稼げるわけ無い】

  • プロ意識を持ってアフィリエイトをすると結果が出やすい理由