よく聞く「そんなのは知っている」と言う人に成長はない | 成功にシフトしてみないか?
  1. TOP
  2. マインド
  3. よく聞く「そんなのは知っている」と言う人に成長はない

よく聞く「そんなのは知っている」と言う人に成長はない

マインド この記事は約 7 分で読めます。

「そんなのは知っているよ」

「今更、常識だろ」

「誰でも知っていることだ」

 

稼ぐ系ブログだけではなく、ダイエットや車の情報など
色んな分野でよく聞く言葉です。

 

そういう人にかぎって、なにもしていないか
成長が止まっている人だと感じます。

このページでは、どうして同じ内容が色々な本や
ブログなどで伝えられているのかを解説していきましょう。

 

「そんなのは知っている」というと成功から遠のく

 

趣味系のジャンルのテーマなら、特に問題視しないのですが
稼ぎたいという気持ちで、色々なブログに訪れ勉強をしている人が
そんなのは知っているよ」と言っているようでは話になりません。

当ブログでは、余りきついことは言ってきませんでした
それもストレスがたまるのでハッキリ言ってやりましょうか。

 

そもそも、同じ内容の話が色々なブログで言われるのは
「それが重要なこと」だからです。

たとえば、ブログは有料のほうが良いと
私のブログでも散々言っています。

 

そういうページに訪れた人は「そんな情報は知っているよ」と
確実に思うかもしれません。

それは、その内容がとても重要で稼ぐためにも
やったほうが良い事だから多くの人は同じような内容で説明するのです。

アフィニャン
そんなのは知っている

 

そのように片付ける人で
成功者は見たことがありませんね。

 

個性を狙ったネタ情報に要注意

たまに、無料ブログで練習をしてから有料ブログに移行しろと
クソ偉そうに言う人もいますが、それは個性を狙ったネタだと気付いてください。

たとえば、横断歩道で普通に歩く人が多い中で、踊りながら歩く人がいれば目立ちます。

 

それとおなじで、多くの人が無料ブログは使ってはいけないという中で
無料ブログを使ったほうが良いと言えば自分は目立つという考え方です。

目立つ情報を配信すれば、アクセスは増えるし
他と違うということもアピールできるのです。

 

稼ぐ系で、他と違うことを記しているブログは
大抵、個性を狙ったものだと考えて良いでしょう。

結局行き着く場所は、1本の道なんですけどね。

 

ただ、無理矢理に個性を狙った記事内容というのは
成功法則からかけ離れているケースが多いので
新しい情報でも信用はできません。

 

 

自分は知っていても知らない人もいることに気づけ!

ブログの立ち上げ方やASPとは何かという基本の情報記事を読み
「そんなのは知っている」と思う人はいるかも知れません。

しかし、その記事は「知らない人に向けた」記事だということです。

 

自分だけしか見えていない人は
「今更」という言葉を使いますね。

これは、ダイエットのブログや車系の情報ブログでも
実際に、「今更何を言っているんだ」という感想を抱く人は多いのです。

 

世の中には、その情報を知らない人もいるのです。

仮に、知っている人を基準にしたブログが多いなら
検索をする人もかなり少なくなるでしょう。

 

理由は、検索をするということは
知らない情報を見つけようとする行為だからです。

「そんな情報は知っている」そういう事を言う人は
こういう簡単なことすら、わからないのかもしれません。

 

記事作成は大きく分けて3つのターゲットを意識している

 

基本的に、記事作成には大きく分けて
以下のような感じで、ページ作成をしているはずです。

 

・初心者

・知識のある人

・ベテラン

 

以上の3つに分けて、作成が一つ一つされています。

私自身は、ページごとにターゲットが違い
初心者を集めるページと知識のある人を集めるページがあります。

 

一つのページに混在しているわけではなく
各ページごとに、ターゲットが異なっています。

たまに、初心者に向けて作成したページに
知識のある人が来ることもあります。

 

そもそも知識のある人に向けて作成がされていないので
物足りないのは事実でしょう。

 

アフィニャン
こんな情報誰が見るんだよ

 

そういう記事に限って、初心者から
かなり感謝されている可能性は非常に高いですよ。

 

ただ知識として知っているのと実践しているのとでは違う

 

稼ぐ系で最も多いのが、知識として知っているけど
実線をしていないというケースではないでしょうか。

知識として知っていても、実際に実践しないと
やっぱり、どういう成功法則も自分のものにはできないでしょう。

 

「ただ知っているだけ」と「実践している」では
意味が大きく異なります。

 

意外に読者は新しいことは求めていない

 

「新しい情報をくれ」と言っている人は
非常に多いようです。

しかし、新しい情報を手に入れても
多くの人はアクセスしてこないのです。

 

私自身も自分が経験して発見したことを
ブログで公開しました。

アクセスは非常に多い部類に入るブログで
1日500アクセス1000ページビューありました。

 

まあ、自慢話じゃないので「〇〇さんは・・・」みたいな
そういうコメントは不要です。

そんなにアクセスがあるのに、そのページだけは
1年経過しても、そのブログが完全にお亡くなりになっても
ページは「1秒~3秒」以上の記録は更新できませんでした。

 

つまり、読者は意外に
新しい情報は求めていないことになります。

 

本日のまとめ

「そんなのは知っている」とか言う人って
いろんな情報商材を買って色んな本を
無駄に買っているんだろうなと感じます。

たまに、情報商材や本に100万円つぎ込みました的な
「買いました自慢」をする人がいます。

 

ハッキリ言えば、タダのアクセス集めですよね?

 

内容と情報収集をする金額が伴っていなければ
商材コレクターと同じですよ。

本気で稼ぎたいなら、知っている情報でも
どういう書き方でどういう説明で書いているか
学んだほうが、自分のためになりますよ。

 

同じ内容でも、別人が書いているので
特徴が違いますよね。

「そんなのは知っている」という人の中で
それに気が付ける人って、一体何人いるんでしょうかね。

 

そもそも、記事作成で「初心者」を集めるページを
作成したほうが結果が出やすいことすら分からないようでは成功は遠いですね。

「そんなのは知っている」という人って
ターゲット別に記事書いているのか疑問ですね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

成功にシフトしてみないか?の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功にシフトしてみないか?の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

  • アフィリエイトの結果を他人と比較するのは無駄な理由

  • モチベーションが下がったときの効果的な方法

  • 初期投資は無しで始められるアフィリエイトの甘い罠とは?

  • アフィリエイト作業の時間がわずか4時間でも結果を出す秘策

  • アフィリエイターやユーチューバーは他人の目を気にするな!

  • 批判コメントでアクセスが2倍に上げる必殺技とは?