ネット情報は役に立たないと言われるのを逆手に取れば結果は出せる!? | 成功にシフトしてみないか?
  1. TOP
  2. ブログアフィリエイト
  3. ネット情報は役に立たないと言われるのを逆手に取れば結果は出せる!?

ネット情報は役に立たないと言われるのを逆手に取れば結果は出せる!?

ブログアフィリエイト この記事は約 7 分で読めます。

アフィリエイトによりネットは
劣化していると言っている人は多いです。

一般的にブログを書いている人や
アフィリエイトをしている人以外が言っているなら
まだ、ネットには修正の余地があると思われます。

 

しかし、ブロガーやアフィリエイターが
「ネット情報は信頼できない」と言っているなら何かが違うと思われます。

今回は、アフィリエイターやブロガーがどういう立場でいるべきかや
誰も言おうとしないアフィリエイトの本来の立ち位置について紹介していきます。

 

まず、ネットで稼ぐことは楽ではない!

まず、一般的にユーチューバーやアフィリエイターは
楽をして稼いでいると思いこんでいる人は多いです。

ユーチューバーにしても、動画の修正に2時間ほどかけて
誰が見てもプロっぽい動画に仕上げていきます。

 

手抜き動画はオープニングもないエンディングもない
いつ終わるかもわからないようなクソ動画ほど稼げていません。

私自身も動画を作成しますがオープニングとエンディングを追加して
2時間ほどかけて作成しています。

 

それでも第三者から見れば
大したことがない動画に見えるでしょう。

私の動画にはオープニングとエンディングがない
手抜き動画もありますが、あれは20分程度で作成したクソ動画ですね。

まあ、役立っているならそれでも良いですが
誘導率0%の何が目かわからない動画です。

ネットで稼ぐことが楽だと思いこんでいる人は
動画作成一つにしても大変だとは思っていないでしょう。

 

適当に作成して作れるものではありません。

アフィリエイトの記事も、結構時間をかけて
記事を作成してるのです。

 

たとえば、当記事も第三者から見れば
大したことがないと思われるかも知れません。

こうした記事でも30分くらいの時間を使い
作成をしているのです。

 

もっと手を加えている記事になると
5時間位はかけていると思われます。

つまり、ネットで稼ぐことは楽ではありません。

 

無料で情報を得ようとする人ほど無料で情報提供しない

無料で情報を得ようと必死になる人は多いですが
そういう人は有料で情報を提供しようとします。

まず、そういう人がネット情報を劣化させています。

 

アフィニャン
ネット情報はアフィサイトが多くて、知りたい情報がないな

 

そういうふうに言う人の中には
アフィリエイターも混ざっています。

ネット情報に関して口を言っている人で
稼げていないと言うなら、成功への道がひらけていると言えます。

 

ですが、そういう愚痴を言う人のブログは
内容が薄いケースが多いのも事実ですね。

無料でアフィリエイトで稼ぎたいと言っている人で
自分のことだけを考えているなら少しヤバいですね。

 

読者のことも考えて
記事作成をしていくほうが良いと言えます。

 

ネットが劣化していると嘆くアフィリエイターが劣化させている

ネットが劣化していると嘆いている人で
アフィリエイターの場合は成功への道がひらけていると思われます。

なぜなら、ネットの情報が劣化しているなら
他よりも優れた情報を提供すればアクセスが集められるし
結果も出しやすくなるからです。

 

しかし、多くの人は「ネット情報は信用できない」といいながらも
自分のブログで信用度が高い記事作成ができないのではないでしょうか。

多くの理由は、自分が記事を書くときになると
読者目線になれないからです。

 

しかも、信用できないというブログは自分のブログと同じなので
余計にそのように思ってしまうのかも知れません。

アフィえいえいとで信憑性を出すなら
実際の写真やデータを出すべきでしょう。

 

ネットで情報が見つからない。面白い内容がないと言われないためには?

ネットで情報が見つからないと感じることはあります。

それは、文字数の問題ではなく情報の内容によるもので
美味しい寿司屋の情報を知りたいのに寿司の値段や
寿司に使われる米が使われているかを説明されてもクソ情報にしか見えません。

 

さらに、車の情報や化粧品の情報でも
スペックや効能を説明しても意味がないのです。

読者が知りたい情報というのは
それを使った未来のことですし使い勝手を知りたい場合が多いです。

 

1記事にすべてを詰め込んでも良いですが
長い記事でも読み疲れがない工夫が必要ですね。

 

誰も言わないアフィリエイトの本来の姿とは?

アフィリエイトの本来の姿は実際に自分が使って
本当に良かったものを紹介するということです。

多くのアフィリサイトは使ってもいないのに
ガンガン効果効能を説明しているケースが多く
本当に知りたい情報を説明しているアフィサイトは少ないですね。

 

実際に使用して、使い勝手が悪い場合は
本音でガンガン悪い部分を紹介していくのも良いでしょう。

比較サイトに多いのが、紹介したい商品を褒めて
比較している商品の悪口を書くという方法です。

 

そんな方法は、基本的に私はしないです。

どちらも褒めて、メリットが大きい方を推奨するくらいですが
どちらも同じメリット・デメリットがあるなら
その商品に向いている人はだれかを、どちらの商品でも紹介します。

 

決して片方を陥れることは
渡しの場合はしないですね。

本当に使ってよかったものを紹介することが
本来のアフィリエイトの姿でしょう。

 

まとめ

結局、アフィリエイトサイトは企業が言えないことを
ガンガン記事にしていく情報発信型のブログがアクセスを稼ぎ出しやすいです。

ネット情報で役立っているアフィサイトも実在していますし
私自身もアフィサイトによって新情報を知ることができたという経験もあります。

 

アフィニャン
アフィサイトなんてこの世から消えろ

 

そのように言う人もいます。

しかし、アフィリエイトサイトがなくなれば
本音で情報発信しているサイトが無くなるため
詐欺商品を買う人が急増してしまうでしょう。

 

余計に、知りたい情報を知ることができなくなります。

基本的に、日記みたいな内容のブログばかりになると
調べたくても調べられなくなるように思われます。

 

もし、アフィリエイトサイトを作成するなら
読者が知りたいであろう情報を記事にしていくと良いでしょう。

アフィリエイトは仕事ですが興味がないのに
紹介するのは間違ってますね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

成功にシフトしてみないか?の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功にシフトしてみないか?の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

  • アフィリエイトはセンスが無いと稼げないは嘘!

  • 情報商材を買って実践をするならやるべきポイント

  • アフィリエイトでまず最初に登録すべきASPとは?

  • ライバルサイトのチェックをして成果を3倍にする方法

  • ワードプレスブログに来る英語表記のスパムコメントを撃退

  • 記事タイトルの「インパクトを出す」の意味とは?