ミライースがアイドリングストップしないのは故障の前兆?理由について紹介

車について

ミライースがアイドリングストップしない場合は
いろいろと考えてしまうことが多いのではないでしょうか。

アイドリングストップを簡単に言えば
走行中にブレーキペダルを踏んで車が停止し始めたときに
エンジンが停止するシステムを言います。

専門的な話になると、訳が分からないので簡単に
ブレーキを踏めばアイドリングストップが作動と覚えておくとよいかもしれません。

いつもアイドリングストップが作動していたのに
いきなり作動しないとなると気になってしまうものです。

どうして、アイドリングストップが作動しないのかについて
お伝えをしていきます。

アイドリングストップが作動しないのは故障しているから?

結論を言えば、アイドリングストップが作動しない場合は
故障というよりも、消耗品が交換時期に来ているというくらいでしょう。

ほかにも、単純に外気温が低いだけということもあります。

 

また、ブレーキの踏み方が甘い場合は
アイドリングストップは作動しないこともあるので要注意です。

それでは、アイドリングストップが作動しない理由について
一つ一つ紹介をしていきましょう。

外気温が低い

これは、アイドリングストップ機能が搭載している車種なら
軽自動車や乗用車問わず、アイドリングストップは作動しません。

エンジンがある程度温まってから
アイドリングストップが作動するようになっているのです。

 

ほかにも、シフトレバーを「R(後退)」に入れている場合は
アイドリングストップは作動しません。

バッテリーが弱っている

アイドリングストップが作動しない原因には
バッテリーが弱っているということも挙げられます。

バッテリーが弱っている場合は
アイドリングストップは作動しないのです。

 

少なくとも、ミライースのバッテリーが弱っている場合は
エコアイドルのランプがオレンジに点灯し
アイドリングストップが作動しなくなります。

まとめ

ミライースのアイドリングストップが作動しない場合は
外気温が低い場合や、走り初めでエンジンが温まっていない場合があります。

それでも、長い時間走行しているのに
アイドリングストップが作動しない場合は
バッテリーが弱っている可能性も考えられるでしょう。

 

バッテリーが弱っていてアイドリングストップが作動しない場合は
インジケーターに何らかのランプが点灯していることもあるのでチェックしてみてください。

ほかにも、ブレーキの踏み方が甘い場合も考えられるので
ギュッと踏んでみて様子を見るのも良いでしょう。

いずれのどれでも当てはまらない場合は
ディーラーに持って行って見てもらうほうが良いですね。

ミライースのバッテリーの寿命は短いと言われていますが
実際に短いのかどうかについて以下のページで紹介しているので読んでみてくださいね。

↓↓ ↓↓

ミライースのバッテリーは寿命が短いはウソ!実際に乗って確かめてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました