物販アフィリエイトで稼ぐ方法

40代派遣社員が1年でネット収入10万円稼いだ方法

4年間毎月の報酬が0円だったダメアフィリエイターが1年で10万円成果を出した秘密を大公開!毎月1円も稼げない人も後発組も成果を出すことができる方法を大暴露していきます。

ブログの2カラム・3カラムレイアウトテンプレートとは?

読了までの目安時間:約 6分

ブログの2カラム・3カラムレイアウトテンプレートとは?

 

%e3%81%aa%e3%81%ab

 

ブログの説明で「2カラム」とか「3カラム」という単語が
よく出てきますよね?

 

一体この「2カラム」とか「3カラム」って何なのかを
解説をしていくとともに、それぞれのメリット・デメリットを
解説していきますね。

 

 

ブログの「カラム」をものすごく簡単に説明すると
ブログのレイアウトの種類を言います。

 

なので、ブログの両サイドにある縦長のスペースと
記事本文の真ん中のスペースを入れて「3カラム」とか
「2カラム」とか言っているんです。

 

 

3カラムって?

 

 

3カラムとは、両サイドに一つずつ縦長のスペースがあり
真ん中に記事本文があるレイアウトのテンプレートを言います。

 

3%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%a0

 

3カラムのメリットは情報を、トップページに
たくさん表示することができて
情報的なブログに見せることができます。

 

 

3カラムのメリットとは?

 

  • 情報をたくさん表示することが出来る
  • 見せたい広告を貼り付けられる
  • バランスよくバナーを配置できる

 

3カラムのデメリットとは?

 

  • 情報が多く表示することで目移りしやすい
  • ブログの見た目がゴチャゴチャしているようにみえる
  • 情報量が少ない場合はブログ全体がショボく見える
  • 画像などを記事内に含める場合少し小さめにしないとはみ出る

 

 

個人の独断と偏見のメリットとデメリットですが
僕自身は基本的に3カラムのテンプレートは好きではないんです。

 

理由は、3カラムの場合は情報を多く表示させることで
読者を迷わす原因になる危険があると
僕個人が思っているからです。

 

 

 

でも、3カラムがダメってわけじゃないので
使いたい人は使うと良いんじゃないですかね。

 

 

情報量が少ない場合は使わないほうが良いですが・・・

 

 

2カラムって何?

 

2カラムとは、ブログの端にある
縦長のスペースが一つで本文のスペースが
一つのテンプレートを言います。

 

2%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%a0

 

こうしたレイアウトは記事本文をメインに読んで欲しい場合に
使うことが多いですね。

 

 

2カラムの場合は、レイアウトが
2種類選べることが多くサイドバーが
右か左かを選ぶことができます。

 

2カラムのメリットとは?

  • 画像が多少大きくても本文からはみでない
  • 記事本文をメインに読んでもらえやすい
  • 情報量が少なくシンプルに見える

 

 

以上ですが、3カラムと2カラムのレイアウトは
一体どちらが良いのかは、扱うテーマと
あなたが扱う情報量に応じて変化しますね。

 

これから、レビューメインの物販アフィリエイトブログで
オススメのページも表示したいという場合なら3カラムレイアウト。

 

 

 

情報メインのアドセンスを作成するという場合は
2カラムレイアウトのテンプレートのほうが
読者にとって読みやすそうですね。

 

どうして、僕が当ブログで2カラムをメインにしているのかは
情報メインで運営していくつもりだからです。

 

 

なので、2カラムテンプレートを選んでいるんですよ。

こういう便利なテンプレートを使うことで
読みやすい情報を目指しています。

 

↓↓        ↓↓

 

Unlimited Template「THE WORLD」感想レビュー

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

メルマガ登録&お問い合わせ

ブログアフィリエイト

お問い合わせ

meerusitene

メルマガ登録
%e7%89%b9%e5%85%b8%e7%94%bb%e5%83%8f
プロフィール

kiriton
HN:きりと
所在地:兵庫県神戸市西区
性別:男

40代の派遣社員が
アフィリエイトで10万円の
成果を出した秘密を公開!

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー
お問い合わせはこちら

お問い合わせメール

記事の感想や質問など気軽に
メールをしてくださいね。

→ メールはこちら

チャンネル登録をお願いします

ユーチューブアイコン

アーカイブ
ランキング
人気ページランキング