中古のダイハツミライースは50万円以下でも買わないほうが良い!選び方にも注意が必要

車について

中古のダイハツミライースは50万以下でも
買わないほうが良い場合があります。

中古車を選ぶ場合は、走行距離ばかりに気を取られますが
年式についても注意しないと最初から自動車税や重量税が
通常よりも高くなっている可能性もあります。

本記事では、中古のダイハツみらーすが50万円以下でも
買わないほうが良い理由や選び方の注意点をお伝えしていきます。

ミライースの中古は50万円以下でも買ってはいけない理由

ミライースの中古車は、お手頃価格まで落ちてきました。

地域によっては10万円以下でも販売されていることがあり
簡単に買うことができるくらいになったのはうれしい限りです。

 

しかし、50万円以下の車でもハズレがあり
注意すべきポイントをチェックしていないとハズレを引いてしまいます。

50万円以下の場合は何らかの理由で安い値段だと知るべき

中古車で一般的に問題視されるのは
「壊れやすさ」ではないでしょうか。

しかし、筆者は30万円異常の車を何度か買ったことがありますが
故障はしたことがありません。

 

20万円以下の中古車の場合は、最初から故障しているケースが多く
場合によっては事故車の可能性も否定できません。

ただ、それは20万円以下の中古車の話であり
30万円異常の車の話ではないのです。

30万円~50万円の中古車の場合は
消耗品が傷んでいることが多く交換さえすれば
正常に走行ができるケースが非常に多いです。

30万円以上の中古車に限っては
深刻なトラブルには遭遇したことが筆者はありません。

それでも、交換すべき消耗品は多いので
何を交換すべきなのかをディーラーなどで点検してもらい教えてもらうと良いでしょう。

 

中古車は人を轢いたり車内で自殺している車ばかり?

バブル世代の人は「中古車は人を轢いたりしている」ということを
よく言っていることが多いです。

バブル経済崩壊前までは、新車を3年おきに買い換えるのが
一般的問う感じではありました。

 

さらに、現在の「エコ」について話をしているだけでも
「貧乏人かよ、せこいな、お前(笑)」とバカにされたものです。

確かに中古車センターに並んでいる車の中には
深刻な事故や災害に遭遇した車もあるでしょう。

ですが、そんなことを言ってしまえば中古パソコンでも
パソコンをしながら、いきなり死んだ人もいるかもしれません。

他にも、中古住宅の場合でも室内で自殺をした可能性も
否定できません。

そんなことを言っていれば、中古なんて買うこともできないでしょう。

今現在は、バブル時期のような裕福な家庭が多いわけではなく
ほとんどがぎりぎりの生活をしている場合が多いのです。

そんな中、どうしても車が必要な人もいるので
そういう人に対しては、中古車でも良いと筆者は思います。

 

本当の心理としては「人が使った後の製品は、気持ち悪い」というのが
バブル世代の人たちの真実ではないでしょうか。

つまり、中古というだけで
ネガティブに考える必要はないということです。

中古車は走行距離よりも年式にこだわったほうが良い!

中古車を選ぶ場合は、走行距離が短いほうが良いといわれています。

その理由は、故障するリスクが少なく
消耗部品の交換数もかなり少ないといわれているからです。

 

しかし、どんなに走行距離が短くてもメンテナンスを怠っている車は
故障しやすいですし、車の下回りに使われているゴム系も劣化している可能性もあります。

そう考えると、単純に走行距離が短い中古車が良いという考えには
ならないということがわかるでしょう。

中古車を選ぶ場合は、予算が許す限り年式が新しい車を選ぶほうが良いです。

たとえ、走行距離が10万キロを超えていても
年式が他よりも新しい場合は、候補にしておくほうが良いということになりますね。

 

逆に、走行距離が5万キロでも年式が古すぎて
13年落ちの場合は、買うべきではありません。

確かに、年式と走行距離が違いすぎるので
いろいろと怪しい部分もあります。

しかし、問題にするべきはメーター巻き戻しの疑いではなく
税金引き上げの対象である年式を問題視するべきでしょう。

車は新車登録から13年経過している場合は
自動車税と重量税が上がります。

なので、年式は新しいほうが
自動車税や重量税が高くないので
年式はできる限り新しいほうが良いのです。

 

走行距離が多い車を買ったらすぐに点検をしよう!

中古車が納車される前は
買った業者が点検をしてから納車することが義務付けられています。

なので、どんなに値段が安い車でも一応点検はされていますが
筆者は、それでも自分の目で確かめるために
簡単な点検くらいはしているのです。

 

かりに、消耗部品が傷んでいるのを発見したら
ディーラーで消耗部品の交換をしてもらうようにしています。

まず、中古車を買ったら点検をすべきポイントを
筆者なりに考えて紹介していきます。

バッテリー電圧

中古車を買ったらバッテリーの電圧を点検するほうが
トラブルが発生しにくいといえます。

バッテリー交換をしているかどうかがわからない場合は
とりあえず、筆者なら交換をします。

 

確かに、お金の無駄だと思われるかもしれません。

しかし、筆者は余計なトラブルは回避したいし
交換したかどうかがわからない場合は新しいバッテリーに交換し
次回の交換時期を把握しやすいといえます。

シャフトブーツ&タイロッドエンドブーツ

車の下回りには、いろいろなゴムパーツが取り付けられています。

中には、ゴムの中にグリスが入っていて
異物が混入しないようにゴムで覆っている消耗部品もあるのです。

 

シャフトブーツやタイロッドエンドブーツなども
車の消耗部品の中で、一番劣化しやすい部分だといえるかもしれません。

筆者は、中古車を買ったら、下回りの点検で
シャフトブーツやタイロッドエンドブーツなども点検します。

ちなみに、タイロッドエンドブーツとロアアームブーツというものがありますが
違いは、上側に取り付けられているか下側に取り付けられているかの違いだけです。

ミライースの場合は、タイロッドエンドブーツでOK。

エンジンオイルやオイルフィルター

エンジンオイルやオイルフィルターは交換しているかどうかがわからないので
交換していたとしても、筆者の好きなエンジンオイルを入れるようにしています。

こればかりは、お金の無駄とかいろいろバカにされたとしても
譲れない行為の一つですね(笑)

 

交換したことが自分でも理解できるので
少しは安心できるでしょう。

点火プラグ&イグニッションコイル

中古車を買ったら点火プラグは新品が取り付けられていたとしても
自分の好きなプラグに交換します。

これは、ほぼ自己満足の世界ですね。

 

とはいえ、古いプラグが取り付けられているケースもあるし
プラグに関係するトラブルも避けたいので
イグニッションコイルをセットで交換しますね。

ブレーキパッドの残量

中古車を買ったらブレーキパッドの残量も
一応確認しておく必要があります。

場合によっては、交換したほうが良いかもしれません。

 

タイヤを外せば、ブレーキパッドの残量がわかりますが
自分で点検をする地震がない場合はディーラーなどで
見てもらうのが一番良いかもしれません。

中古を買うときにエンジン音にも注意しろはウソ!

結論を言えば、ウソではありません(苦笑)

しかし、一般的に正常なエンジン音を知らないのに
中古車のエンジン音を聞いて、どうとかいう判断は無茶です。

 

エンジン音で異常があるかどうかに関しては
エンジンについて相当詳しくなければ普通は無理でしょう。

筆者も、中古車を買うときにエンジンをかけてもらいますが
エンジン音だけでは、正常なのか異常なのかは判断できません。

エンジンの状態を知りたい場合は、実際に試乗するのが一番なのです。

しかし、中古車の場合は試乗をさせてくれる販売店は
かなり少ないのが現状といえますね。

まとめ

ミライースの中古車を買う場合は
特別なテクニックや不要です。

中古車なら、度の車でも言えることですが
走行距離よりも年式を重視して買ったほうが
今の時代は、後々お得な感じがするのです。

 

なぜなら、13年落ちの中古車は通常よりも
自動車税と重量税が高くなっているからです。

走行距離よりも、できるだけ年式が新しい中古車を買ったほうが
自動車税や重量税は通常のままなので、高い税金を支払わなくて済むということになります。

ただ、いずれにしても中古車は一度点検して
交換すべき消耗品などを確認しておく必要があるでしょう。

今回は紹介していませんが、エアクリーナーなども
汚れているかどうかを確認したほうが良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました