雇用保険の被保険者とはどんな人?

転職について

雇用保険とは雇用を失ってしまってから、再就職に備えるための保険です。休職期間中の生活費を補填するための保険です。

会社に正社員として雇用、またはアルバイトで勤務する日数が多いと雇用保険に加入できます。

雇用保険の被保険者となりまと、ハローワークから失業手当をもらえますし、労働しているときに災害や、事故のあったときお金をもらうことが出来ます。

雇用保険は失業の時には、大変助かる保険ですので、これから仕事に就く人もアルバイトの人でも、お金をもらえる対象になる保険です。

知っているのと知らないでいるのとではお金がもらえるか、もらえなくなる違いが出てきます。

注意が必要です。

退職した会社の社労士の連絡先や、総務担当者に詳しく説明を聞いておくと、混乱しなくてすみますので退職前にはよく聞いておいてください。

雇用保険の被保険者の対象者

働いていると一定の条件を満たしたときは、雇用保険に入れます。

雇用保険に入れますと現在勤めている会社を退社すると、雇用保険からお金がもらえます。

 

雇用保険に入っている人を、被保険者といいます。

雇用保険の対象者は、会社が社会保険に加入していることが条件になります。

殆ど法人組織であれば国から、半強制的に加入させられます。

これは正社員、アルバイトであっても変わりません。加

入する条件は1週間の労働時間が20時間以上であり、雇用のされている状態が、31日間以上と定められています。

雇用保険に入りますと雇用保険者証が渡されます。

 

会社によっては人事で退職するまで、保管している会社も数多くあります。

雇用保険の本人番号は人事より教えてもらうか、番号を記録しておけば退職時に雇用保険の給付について、問題が発生することありません。

なので、雇用保険証を会社保管でしたら記録しておいてください。

法人の代表取締役や役員は、原則雇用保険には加入できません。

雇用保険に加入しますと、毎月の給料より業種によって率が違います。

目安として給料の総額に、9/1000かけた金額を控除します。

雇用保険の被保険者になりますと、自動的に労働災害保険にも加入が出来ます。

労働災害保険は、働いている時間に災害、事故にあいます。

給料の代わりに保険で、補填をしてくれる保険です。

 

この保険は全額事業主が負担していますので、本人の給料から引かれることはありません。

雇用保険法改正により65歳以上の方であっても、雇用保険の加入条件はかわりません。

この改正は最近行われたので、社会保険労務士の顧問契約がなく社内の社員が、雇用保険の手続きをしている事業所は、注意が必要になります。

雇用保険証の発行は、健康保険の加入手続きと並行して手続きしますので、おおむね勤め始めてから30日以内で発行されるはずです。

雇用保険被保険者証は退職時にすぐにもらえる?

勤務先を退社時に必要なものとしては、年金手帳・雇用保険証を渡されます。

雇用保険者証は次の勤務先が決まっている人は、さほど重要ではありません。

 

次の勤務先で雇用保険者証を、提出するように決めているのは、雇用保険者証の番号を次の勤務先でも登録しておくと、雇用保険の加入している年数が加算されます。

勤務年数が長いほど、失業給付金の給付日数も増える仕組みになっています。

定年退職者や個人の事情により退社しますと、次の勤務先が決まるまでの間失業手当をもらえます。

この失業手当をもらうときの手続きに、雇用保険者証が必要になります。

しかし雇用保険者証があったからといって、すぐに手続きが始められるわけではありません。

会社の方で離職票を発行して始めて、手続きが出来るようになります。

離職票の記載内容は退職した人の給与金額、通勤費、退職理由を記載するようになっています。

この離職票に基づいて、失業給付金・再就職手当てが算出されます。

退職理由で自己都合による退職が、失業手当をもらうまでのお金がもらえる間が長く、会社都合による退職が一番早くお金がもらえます。

 

退職するひとの中には自己都合の退職であるにもかかわらず、会社都合としてく欲しいと言ってくる元社員もいます。

社会保険労務士を嘱託していない会社は、離職理由を会社都合と記載してしまうことがあります。

この離職理由にしますとハローワークから支給される補助金は、もらえませんので注意が必要です。

まとめ

雇用保険の、被保険者の支払う金額は少ないのです。

仕事をしている年数からするともらえる金額の方が、はるかい少ない金額となってしまいます。

 

保険ですし、しかも強制的に加入させられる保険ですから、もしも退職してしまった時には、失業給付金をもらわないと損をしてしまいます。

しかしハローワークに説明をしてもらいたくて行っても、失業手当の説明はもらえるようには説明してくれません。

マニュアルの本を渡して、理解してくれという態度をとることが多いです。

お金をなるべく払わないように、説明しているのかと疑いたくなるほどです。

会社を退職し失業した時には、ハローワークで速やかに手続きをしてください。

 

再就職手当金や、職業訓練があります。

使わないでいると損をしますので、事前に情報を調べてからハローワークに行くようにしましょう。

 

離職票の退職理由欄に自己都合と、記入されるより会社都合の理由の方が、早く失業手当をもらえます。

だからといって嘘の理由で、離職票の欄の記入変更をします。

再就職先で、問題になることもあります。

離職理由はうそをつかずに、正確に記載してもらってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました