引きこもりの場合は仕事に就くのに資格はあっても無駄!?

転職について

引きこもりになった人の中には、理由があって引きこもりになっている人もいるのではないでしょうか。

中には勇気をもって、ハローワークに行き仕事を探し始める人もいるかもしれません。

本記事は、勇気をもってハローワークに行き始めた、引きこもりの人に対し、何が無駄で何をするべきかを紹介していきます。

どうして就職に資格があったほうが良いといわれるのか?

色々なところで、「仕事探しをするなら資格はあったほうが、採用されやすい」と、そのようなことを聞くことがあります。

理由としては、面接時にアピールポイントとなりますし、仕事に生かせるからです。

 

筆者も、20代後半までは無資格で、何一つ資格は持っていませんでした。

ハローワークの受付の人に、「何一つ資格がないなんて、今まで何をしてこられたんですか?」と、そのように言われたことがあります。

ちなみに、筆者が20代のころはコンプライアンスなどの法律は一切なく、ハローワークの職員も言いたい放題でしたし、偉そうにものを言う人がいましたね(笑)

尼崎ではいろいろな経験をしていますが、その中で資格は重要だということを、思い知らされたことは何度もあります。

筆者がいた尼崎での当時の求人では、「○○の資格者優遇」という言葉が、各求人にあり資格が必要なものが多かったように思えます。

無資格のころの筆者は、組み立ての作業員や検品作業のバイトくらいしか、仕事は残ってません。

つまり、資格があれば選べる仕事の幅も広くなるので、採用される可能性も高くなるのです。

引きこもりの場合は資格があっても無駄な理由

資格を持っていると有利になるのは、実務経験がある場合に限るときです。

ある程度年齢が来ている人が、資格を取得して仕事に就くことができるかといえば、疑問が残ります。

 

たとえば、引きこもりの理由を説明して、会社も納得したうえで採用した場合は、資格を取得する意味もあるかもしれません。

しかし、そういう場合は、資格がなくても採用される可能性もあるのです。

40代で資格を取得するというのも、難しくはないですが、40代となると実務経験がないと厳しい感じもします。

筆者は、30代で床上操作式クレーンと玉掛けの資格を取得しましたが、資格があっても実務経験がないという理由で、不採用ということもあったのです。

引きこもりでも、どれくらいの年齢なのかによっては、資格はあったほうが良いでしょう。

20代から30代前半までなら、資格を取得して仕事をしながら実務経験を積めば、問題はないといえます。

40代からは、資格があっても実務経験がなければ、資格はただの飾りになるでしょう。

つまり、「資格」+「実務経験」があってこそ、就職に有利になるということになります。

年齢によっては、この限りではありません。

引きこもりこそ副業をやりながら仕事を探すべき

引きこもりこそ、副業をしながら仕事を探すべきだといえます。

なぜなら、何もしないとお金を手に入れることができませんし、生活すらできなくなるからです。

 

筆者は、副業をする方法として「ネットを利用して稼ぐ」ということを、おすすめします。

「ネットで稼ぐ」というキーワードを聞くと、怪しいと思う人もいるかもしれません。

しかし、ネットで稼ぐという行為は、令和から「当り前の仕事」となりうる可能性もあるのです。

ネットで稼ぐというのは、なにも「楽をして稼ごう」という意味ではありません。

少なくとも、筆者はネットでいろいろな副業をしてきましたが、どれも簡単にお金は稼げたことがありません。

さらに言えば、何もしないでお金が銀行に振り込まれたことも、ネットで副業をしてから30年間、一度たりともないです。

筆者が実際に行ってきた、ネットで稼ぐ副業を紹介していきますね。

 

WEBライター

WEBライターといえば、安い金額で馬車馬のように記事を書かされるというイメージを、あなたは持っていませんか?

確かに、10年前までのWEBライターは、わずか100円で5000文字を10記事くらい、書かされたこともあります。

 

しかも、5000文字10記事を「5日でやれ」という、無茶な依頼をしてくるクライアントもいました。

筆者は5年ほどクラウドワークスで、WEBライターをしていたことがあります。

最近のWEBライターの報酬単価は、昔よりもかなり上がっているのです。

昔は、1記事100円単位でしたが、現在は最低でも500円以上から。

さらに、文字数もかなり少なめで、1記事500円なのですから昔と比べれば、メチャクチャ報酬単価が上がっていますよ。

筆者も記事を発注する側になることがありますが、WEBライターの記事の質は低いですね(笑)

記事の質は低くても報酬単価が昔よりも高いというのですから、昔の報酬単価を知っている筆者としては、「今は良い時代だなぁ」って思うわけです。

 

基本的に、納期は絶対守らないといけませんが、納期が遅れる場合は、2日前には必ず報告しておくことがマナーです。

就職が決まっても作業自体はできるので、お勧めの副業となります。

アフィリエイト

アフィリエイトは、ブログなどで広告を紹介し、ブログに訪れた訪問者が紹介した広告経由で、何らかのアクションを取ったら、報酬となる副業の一つです。

報酬単価は50円から7万円という金額の範囲で、色々なジャンルの広告を選ぶことができます。

 

アフィリエイトをするには、ASPと呼ばれるサイトに登録する必要があり、ASPから自分だけの広告タグを手に入れ、ブログに張り付けて紹介をするのです。

アフィリエイト初心者に多いのが、広告だけを張り付けるという行為。

ハッキリ言えば、誰もクリックしません(笑)

たとえば、プロバイダーの広告なら、どんなタイプの光回線なのかや、回線速度はどれくらいなのかなど、色々な特徴を紹介するのが一般的です。

ただ、文章的な知識が必要になるので、文章の書き方についての書籍を読み勉強をしつつ、アフィリエイトの作業をしないと結果を出すのは難しいといえます。

 

さらに、アフィリエイトに関しては、稼げ始めると大きく結果が出始めるという特徴もあります。

とはいっても、報酬単価が最低でも2000円以上の広告を、訪問者の心をわしづかみできるような文章で、紹介しないと何百ページあっても、結果は出ないでしょう。

まとめ

何年引きこもりをしたかによっては、資格の取得は無駄になります。

たとえば、40代まで引きこもっていた場合は、資格を取得するよりも仕事を探すほうが良い場合が多いです。

 

資格は実務経験があるほうが、有利に就職ができますが、実務経験がない場合は有利になるとは言えません。

とはいえ、床上操作式クレーンに関しては、実務も講習内容に入っているので、実務経験がないとは言えないかもしれません。

床上操作式クレーンに関しては、安全に作業をすれば問題ないので、取得すれば有利に就職できるかもしれないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました