非公開求人とは?非公開求人の探し方

転職について

ハローワークには、「未公開求人」というものがあります。

未公開求人とは、多くの人が閲覧できないようにしている求人のことですが、決して怪しいわけではありません。

当記事では、非公開求人とは何かや、非公開にする理由についてお伝えをしていきます。

非公開求人とは?

非公開求人とは、ハローワークや就職情報サイトなどで、誰もが見ることができない求人のことです。

ちなみに、誰でも見ることができる求人は、「公開求人」と呼ばれています。

 

採用企業は、求めている人材により自社のホームページや、新聞の折り込み広告などで求人します。

他にもアルバイト情報誌や就職情報サイトなどにも、求人を出していることが多いですね。

これらの求人方法はあくまでも一般に向けて、公募している条件に見合った人材を得るためです。

求人を出す媒体によっては、採用コストが違うので応募したい人材や、ほしい人数により各求人方法を選ぶのです。

 

非公開求人は、特別なポジションの人材を採用したい場合に、急いでいないけど優秀な人材や、特別なスキルを持った人材が見つかれば採用したいときに、非公開求人にするケースがあります。

非公開求人の場合は、職業紹介業などで情報を把握していることが多いです。

非公開求人は公開求人とは違い、専門分野を生かせる職種が見つかりやすいのも特徴といえます。

求人を非公開にする理由

求人を非公開にする理由は、労働条件が厳しいということではありません。

非公開にしたい理由については、採用企業の事情によることが多いです。

 

たとえば、限定的に求人をするという場合は、不特定多数が見れるような公募求人にしないことが多いです。

その「限定的な求人」というのは、企業にとって重要なポジションだったり、人事異動などでの人員確保など。

企業としては、人事異動の情報を競合他社に知られたくない場合もあります。

そのような場合は、大々的に公開するのではなく、非公開にして求人にすることが多いようです。

他にも、企業がこれまでと違う新規事業を計画している場合は、正式に公開できるまで裏でコソコソ計画を進めることがあります。

求人の中で募集職種などや人物像など、必要になるスキルを公開してしまうと、新規事業の情報が露呈する可能性もあります。

 

ほかにも、極秘で行う大がかりなプロジェクトに必要になる人材も、非公開求人にしています。

退職予定の社員を求人する奇病もあるのですが、それでも企業としては即戦力となりうる優秀な人材を確保したいところです。

特に急がないような求人の場合は、求人広告の掲載費用や面接などの手間暇がかかるので、コスト的にみても割に合わないケースもあります。

非公開求人の探し方

非公開求人の探し方は、人材紹介サービスに登録する方法があります。

就職情報サイトのような、情報サイトの場合は非公開求人を紹介してもらえる可能性は高いといえるでしょう。

 

ハローワークにも非公開求人というものがありましたが、今もあるかは定かではありません。

筆者が経験した非公開求人は、受付の奥にある引き出しから取り出していたと記憶しています。

まあ、ハローワークによっては違うかもしれませんが。

ハローワークでの非公開求人の見方

ハローワークの非公開求人は、たいていが公開する前の求人が多いです。

正確には、非公開求人ではないのですが、中々仕事が見つからない場合は、しびれをきらしたハローワークの親切な職員が、登録前の求人を紹介してくれることもあります。

 

筆者も10件以上の企業に面接に行ったことがありますが、すべて不採用だったという経験があります。

当時、正確な面接に行った企業の数は覚えていませんが、20社くらいは絶対に行っているはずです。

それくらい、色々な会社に筆者は面接に行ったことがあります。

色々な会社に面接に行っても採用されない人に対し、ハローワークでは面接の講習会を紹介されるケースもあります。

まとめ

非公開求人とは、何らかの理由で企業が公開求人にしていない求人のことです。

ただ、非公開求人は、問題のある求人ではなく、企業が極秘に人材を確保したいときに使う求人方法ですね。

 

非公開求人の探し方については、就職情報サイトに登録すると非公開求人を、紹介されることがあります。

ハローワークでも非公開求人を紹介されることもありますが、ごく稀ですね。

筆者も何度か非公開求人を見たことがありますが、普通の公募求人と同じ感じでした。

何も特別なものはないですが、それなりに実力のある人を募集するときに、企業が使うものだというのは伝わってきます

非公開求人に関しては、企業の都合によるものなので、あまり気にする必要はないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました