就活の髪色で選ぶべきはなに?好印象なヘアカラーを紹介

転職について

就活をする場合は、髪色も気にする必要があります。

なぜなら、面接官は見た目でも、ある程度人間性を判断する材料にしているからです。

本記事では、好印象なヘアカラーは、どういうものなのかや面接を受ける場合は、黒髪がマナーだといわれる理由についてお伝えをしてきます、。

就活中の選びべき髪色は何が良い?

多くの採用担当者は「黒以外は認めない」という場合が多く、中年の採用担当者になればなるほど、認めない人が多いです。

若い担当者だからと言って、黒髪以外でも採用されるとは限りませんが、少なくとも「黒髪はマナー」というのは、どの企業でも同じと考えたほうが良いかもしれません。

面接で好印象なヘアカラーを紹介

面接で好印象なヘアカラーは、「黒髪」一択だと思ったほうが良いです。

書類選考の場合は、学歴や職歴のほかにも、見た目も重視する企業は少なくありません。

 

接客業の場合は、とくに見た目を重視する傾向にあるので、無難なヘアカラーにしたほうが良いでしょう。

企業全体としても信頼性やまじめなイメージが必要なので、髪色を含めた身だしなみの取り扱いは、とても厳しく制限をしている場合もあるのです。

就活では見た目や身だしなみが重要ではありますが、何が正解なのか悩む人もいるのではないでしょうか。

筆者の経験では、そもそも就活に正解なんてありません。

学校で教えてもらう面接など、クソの役にも立たない場合もあると思ったほうが良いです。

つまり、業種によっては臨機応変に対応できる人材が欲しいと考える場合もあるので、マニュアル通りの対応をする希望者は、ほぼ不採用になるケースもあると考えても良いでしょう。

ネットにもいろいろな面接の方法を記したサイトやブログがありますが、それらの情報をうのみにしないで、自分で判断して就活をしていくようにしたほうが良いですね。

 

面接は黒髪がマナーと言われる理由

面接に髪の毛を茶髪のまま行くというのは、「非常識」ととらえる採用担当者は多いです。

人によっては、「面接する気あるの?」と最初に質問される場合もあるでしょう。

 

確かに茶髪にしていると、不真面目な印象を与えてしまいます。

昔から、髪を染める行為はヤンキーしかいなかったことから、悪いイメージしかないんだと思われます。

ただ、多くの人は髪を染めるのはおしゃれの範囲だと理解しているはずですが、面接の場においては髪の毛は黒にするというのが当然だと思っている採用担当者は多い。

さらに、業界や職種にもよりますが、髪の毛を染めていると「不真面目」という印象しかないでしょう。

つまり、明るい髪色などは就活性に求められるような「誠実さ」「フレッシュさ」などから、遠のいてしまうといえます。

ただ、髪の毛を染めるのはNGにしている企業もあれば、髪を染めてもOKという会社もあります。

筆者が尼崎で経験したのは、採用担当者自らが髪の毛を染めていたことがあったのです。

筆者はビックリしましたが、普通に面接が進行され見事に不採用となりました。

つまり、業種によっては髪の毛を染めても問題はない場合があったり、完全にNGという場合もあるということです。

美容や服飾業界の場合は、個性を重視する場合が多いと思うので、髪の毛を染めることに関しては寛容だといえます。

美容や服飾業界の場合はむしろ、オシャレをしていないほうが、非常識と思われるかもしれません。

 

まとめ

一般的な会社に就職したいという場合は、髪の毛を染めないほうが良いでしょう。

髪の毛を染めてはいけないと言いながら、もともとが茶髪に見える場合は、矛盾ではありますが黒に染めるしかありません。

黒色の髪の毛にすることは、見た目の清潔感を演出するための手段であり、面接のマナーでもあるといえますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました