面接場所がわからない!道順を電話で聞く時の注意点

転職について

面接当日になって面接場所への道順を聞くことは、不測の事態が起きる以外は、避けるべきです。

仕事は前準備が、仕事の出来の8割を決めるといいます。

当日になって連絡をすると、事前に用意出来ない、だらしがないと評価を受ける結果になります。

面接の前日までに、道順を電話で聞き時の注意点は、歩きながらするのではなく、地図を見ながらメモの取れるところでしてください。

道順を2度3度と聞きなおしますと、理解能力のない面接希望者としてまず評価されます。

しっかり話を理解できる体制をとってから、道順を聞くべきです。

電話にでた人に道順を聞くのではなく、人事担当者の方に電話に出てくれるよう説明すべきです。

話し方で取引先、得意先、関係者でないことはすぐわかります。

自分が誰なのか何故電話しているか、面接はその時点から始まっています。

面接場所を聞いて評価が落ちるって本当?

就職希望者が面接場所に行く際に、道順を聞くことがあります。

しかし、聞くことによって評価が落ちる時があります。

 

それは面接当日になって道順を聞くことです。

面接担当者は、前もって面接場所を必ず通知しています。

その通知に対して確認をとっていない、その行為自体がすでに評価が落ちることに繋がります。

スマートフォンを信頼しすぎると、当日スマートフォンが壊れてしまう、電気がなくなってしまうというような、予期できない事態が起きた時には、パニックならなくて済むように面接の会場をメモしたものを必ず身に着けておくべきです。

 

面接に向かう時は、必ず前日までに、場所を確認しておいてください。

面接場所が分かりにくい、地図アプリで拡大しても自信が持てない時は、面接前日までに会場の確認をしておいてください。

面接場所を勘違いすることもあります。

本社は、管理部門希望者を面接し、技術部門は別の場所で行うこともあります。

自分が当日面接への道順を間違えた際には、人事担当者に連絡を取りその後の打合せをしましょう。

もし、事前に配布された面接会場の資料を無くしてしまった時は、正直に人事担当者に連絡をして面接場所の確認をしておくべきです。

面接会場に到着10分前が理想的?早ければ良いって本当?

面接会場へは、出来るだけ早く着くように自宅を出るようにします。

当日になって、思わぬ事故が起きたときでも、面接会場に遅れず到着すればそれだけで、評価点がプラスになります。

 

会場へは、30分前に到着すべきでですが、会場に入るのは15分前が理想的と言われています。

15分以上前に入ろうとすると、人事担当者が面接会場の準備が出来ていないことがあるので、早すぎるとかえって迷惑になります。

会場へ何時に到着し、準備していたのか面接官はかならずメモしています。

時間ギリギリに面接会場に入りますと、時間の管理ができないとレッテルを貼られてしまうのとともに、自分の精神状態も落ち着かないまま面接になることになります。

面接の結果が悪くなることはあっても、良くなることはありません。

移動時間は、余裕を持って面接会場の行くように準備するべきです。

 

まとめ

面接の当日に万全の体調で臨みたいなら、会場へは面接前日までに行っておくのが一番安心できます。

一度行けば、時間はここで過ごせる、会場周りは何もないなどの地図アプリでは、把握できない情報も手に入れることが出来ます。

 

反対に面接当時になって、事故等の突発的なアクシデントが起こると、例え面接会場に時間通りに入れても、精神状態が不安定になることになります。

面接会場へ行くには、スマートフォンのアプリが発達し、不測の事態が起きない限り、会場へ案内してくれます。

通常であれば、起きないことが、面接当日になって起きないとは限りません。

事前にどれだけ事態に備える準備が、出来ているのか評価するのも面接官の仕事です。

 

会場への道順を十分に確認しておかないと、道はあるが工事中だった。電車が通っているので調べずに駅を降りたら、駅前にタクシーが一台もまっていない駅だった。

面接をするときは、事前準備の段階から、評価は始まっています。

自身の評価を、減点されないように十分準備しておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました