タイヤが2022年10月で値上げ?ミシュランも値上げするので買った

車について

日本ミシュランタイヤは、2022年10月に3%~8%値上げをしました。

筆者は、値上げを知らずに10月31日に
ミシュランエナジーセイバーを買ったのです。

買った店は「今日中にタイヤ交換をするなら値引きしますよ」と言っていたので
限定性のある商品に弱い筆者は買ったのです。

本記事では、タイヤの値段が値上げするという話と
ミシュランのタイヤでエナジーセイバー4の感想を紹介していきます。

タイヤが2022年10月で値上げ?

タイヤの値上げは、9月から行われています。

ダンロップやブリヂストンなど
タイヤメーカーは順次値上げをしているのです。

 

横浜ゴムのタイヤは最大8%くらいの値上げが予想されますし
トーヨータイヤは最大10%となるようです。

とはいえ、トーヨータイヤに関しては2023年1月に
値上げをすると発表しています。

タイヤが値上げするのはなぜ?

タイヤが値上げするのはなぜなのかというと
原材料の価格が高騰しているからで出荷価格を引き上げたことが理由のようです。

2022年10月現在時点で、ロシアのウクライナ侵攻の影響で
タイヤメーカーは、タイヤの値段を上げるしかなくなったということでしょう。

 

ブリヂストンに関しては、2022年4月に市販タイヤの値上げをしていますが
9月に2回目の値上げをするという異例の事態となっています。

ロシアによるウクライナ侵攻による影響は様々な分野で出ていますが
タイヤにおいても、例外ではありません。

ウクライナ情勢の緊迫化の影響により
原油価格はさらに高騰しておりタイヤ原材料価格や生産、供給にかかっ割る
エネルギー費にも大きな影響を与えているのです。

もちろん、タイヤの原材料の価格引き上げによって
各タイヤメーカーは値上げしていくでしょう。

ミライースにミシュランエナジーセイバー4に交換した

筆者はタイヤ値上げの情報をいち早くキャッチしていたのですが
お金の都合により交換することができませんでした。

タイヤも交換時期には入っていたものの
どうしても先立つものがなかったので何もできなかったのです。

 

給料が入り、屋っとタイヤ交換ができる段階まで来たのですが
日本のタイヤメーカーはトーヨータイヤ以外は値上げしている状態。

その中で、もっとも履きたかったタイヤメーカーである
ミシュランのタイヤを取り付けることにしたのです。

ミシュランも値上げをしていますが
それは、10月からということでした。

まあ、ギリギリというかアウトというか
値上げしたつきだったのでガソリンスタンドの担当の人は
大目に見て「値引きしますよ」と言ってくれたのです。

 

ミライースにミシュラン:エナジーセイバー4を履かせた感想

これまで、横浜タイヤのブルーアースや
トーヨータイヤのLUKなどを履いてました。

走行音は、横浜もトーヨータイヤも似たようなもので
結構ロードノイズが大きかったですね。

 

しかし、ミシュランのエナジーセイバー4に履き替えてからは
走行音が、明らかに小さくなった感じがします。

「気がする」ではなく、明らかにロードノイズは小さくなりました。

ヨコハマタイヤのブルーアースを履いていた時は
切り返しもハンドルは結構重たかったのです。

しかし、エナジーセイバー4に履き替えてからは
ハンドルが軽やかになりましたよ。

これも「気がする」ではなく
明らかに変化しました。

 

まとめ

タイヤメーカーは、市販タイヤの値上げをしました。

時すでにご存じの方もいると思いますが
値上げの理由は原材料の価格が引き上げられたからです。

 

また、ロシアによるウクライナ侵攻の影響も
少なからずあります。

筆者はタイヤ値上げをしてからタイヤを買った感じですが
それでも、少しは安く変えたのでラッキーだったかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました