洗車機より手洗いが良いというのは昔の話?どっちが良いのかを検証

車について

筆者は、今でこそ洗車機を利用していますが
昔は、手洗いで車を洗車していました。

というのも、自分の家があり駐車場があり
自由に洗車ができていた時代があったのです。

諸事情により、現在は貸家に住んでいて
洗車機を利用していますが、どちらも行ってきた筆者が
洗車機と手洗いのどっちが最適なのかをお伝えしていきます。

洗車機で車を洗うとボディに傷がつくって本当?

洗車機で洗うと車のボディに傷がつくというのは
もはや、昔話です。

昭和時代から平成初期にかけて、洗車機はかなり進化してきたのです。

 

昭和の時代に志向が停止している人にとっては
今でも「洗車機はボディを傷つける」というイメージが強いかもしれません。

筆者も、手洗いをしていたころは「洗車機はボディに傷をつける」と
そのように思っていたのです。

しかし、今の洗車機は昔のようにナイロン製のブラシではなく
布製かスポンジ系のものでボディを洗っています。

洗車機メーカーは車のボディに傷をつけないような素材を研究し
いろいろな実験をした結果、生まれたのが今の洗車機なのです。

つまり、今の洗車機は車のボディを傷つけにくい素材を利用しているので
ボディにやさしいと言えます。

 

どろどろの車の後の洗車機は使えないって本当?

手洗いから洗車機に移行し、利用し始めから15年くらいになりますが
どろどろの車が洗車機を通しているのは、一度も見たことがありません(笑)

とはいえ、洗車機は一定の時間になると自動で
ブラシをすすいでいます。

 

旧タイプの洗車機は、ブラシをすすぐということはしませんが
最近の洗車機は、洗車開始もブラシを洗ってから洗車が開始されるモデルも出始めています。

少なくとも、筆者が今利用している洗車機は
洗車を開始したときに、ブラシを水ですすいできれいにしてから
洗車が開始されるモデルを利用しているのです。

なので、万が一どろどろの車が洗車機を通したとしても
洗車機はブラシを水で洗ってから次の車の洗車を開始するので問題はありません。

手洗い洗車でもボディに傷がついた経験を話してみる

筆者は20代から30代にかけて
車を手洗い洗車していました。

当時は洗車について、何もこだわりがありませんでしたので
普通の硬い洗顔タオルを利用していたのです。

 

昭和から平成初期の人なら、たいていは
洗顔タオルなどで車を洗車していたのではないでしょうか。

オートバックスでも、洗顔タオルっぽい硬い素材のタオルが
洗車コーナーに置いていたこともありました。

古き昔の話であり、今は見かけませんがね(苦笑)

当時の筆者は間違った手洗い洗車をしていたので
車のボディは細かい傷が多かったです。

現在のいわゆる「洗車傷」というのはミクロの世界の話であり
肉眼で見ようと思っても、光を照らさないと見れないレベルが多い。

ですが、筆者が間違った洗車方法をしていたころの傷というのは
光を当てなくても円を描くような傷がたくさん見えていました。

つまり、間違った洗車をしていれば
手洗い洗車とはいえ、細かい傷が多くなるということです。

洗車傷を気にするというなら
正しい洗車方法を学び作業をするほうが良いでしょう。

 

洗車機と手洗い洗車は結局のところどっちが良い?

手洗い洗車とはいえ、間違った洗い方をすると
ボディは傷だらけになります。

しかし、正しい洗車方法で洗車機を利用した場合は
下手に手洗い洗車をするよりもましに洗車ができるでしょう。

 

筆者が過去に、洗車機で洗いまくった新車から7年目の軽自動車を
査定してもらったときに、洗車傷が、ほぼ見つからなかったと査定士が言っていました。

ただ、ミクロンレベルで傷はたくさんあったのだと思いますが
肉眼で確認できるレベルではなかったということなのでしょう。

少なくとも、洗車をしている限りは
洗車傷は避けることができません。

そうかといって、洗車をしない状態で放置すると
塗装が傷んでしまいます。

洗車機と手洗い洗車のどっちが最適かというのは
自宅で洗車ができるかどうかによっても違いが出るでしょうね。

 

たとえば、自宅で洗車ができるなら
無理をして燃料と時間を使ってまで洗車しに行く必要はありません。

時間は有限であり、頭の悪い人ほど
時間を無駄に使うのです。

そう考えると、自宅で洗車ができるなら洗車しに外出する必要はないので
自宅で洗車ができるなら、手洗い洗車が望ましいと言えます。

しかし、月極駐車場で洗車はできないという場合は
洗車機を利用するのもよいかもしれません。

時間がたっぷりあるなら、洗車場に行き手洗い洗車のほうが最適かもしれませんね。

まとめ

今の時代、「洗車機を通すとボディに傷がつく」という考えは
時代錯誤であり、脳みそが今の時代についていけてない人の考えです。

今どきの洗車機は、自動でブラシを洗い泥を落とし
洗車を開始するのが一般的。

 

もし、何もしないような旧式の洗車機なら
そのスタンドは利用しないほうが良いかもしれません。

新型の洗車機をできる限り利用すれば
ボディに傷はつきにくいと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました