面接で説得力のある志望動機を説明するポイント

転職について

面接で志望動機は必ず聞かれますが、この質問に頭を悩ませる面接者は多いはずです。

志望動機が会社ではなく、給料、待遇の面で選択をすることが、転職者の場合かなりの割合を占めます。

家庭、家計の事情を含めて転職先を選びますので、志望動機の質問項目に困ることは多くなります。

面接官も諸事情を知っていて質問しています。

また、他の会社を面接していますかと聞かれることは、転職者の面接では、殆ど質問されます。

志望動機、他社の面接についての、説明をします。

両方の質問に共通しているのは、漠然とした答えでは、面接官の採点はマイナスになります。

面接での質問での答えは、常に具体的回答をするようにしてください。

面接で志望動機を説明するポイント

面接を受ける時の質問の項目では、志望動機を聞かれます。

どの企業を選んでも、志望の動機は聞かれます。

 

事前に備えておくことが、面接でのポイントを上げます。

中途採用者のときは、志望動機を言っても新卒の学生のように言っていては、採用にはなりませんので注意がいります。

志望動機とは、前職との比較になります。

前職の退職理由を面接官が聞き、志望動機とのズレがないかをチェックします。

残業が多く体力が持たない→転職希望で面接をしている会社が、不動産営業を募集→明らかに志望動機に無理があると面接官は疑います。

残業が多くて、前職を辞めてきたなら、不動産会社の営業職を希望してくるには、無理があるのは例文を見ても明らかです。

前職を辞めた理由と、面接をしてもらう会社の募集している職種と合わないものは、採用はされません。

 

採用を希望する会社の業種、職種と志望動機で前職との退職理由に、整合性がなければ採用はしてもらえないはずです。

志望動機の質問に答える時は、前職との退職理由に面接官は、結び付けますので、注意が必要になります。

転職者が後で後悔する志望動機の質問の答えとしては、自分の能力を御社で発揮することにより業績を上げられると思ったからです。

たとえ面接者の能力が、素晴らしくてもこの発言は、面接の評価をする時にマイナスに働きます。

この志望動機の答えが悪い点は、面接者が自分の能力に自信を持ち過ぎていると面接官に思われてしまいます。

自分をアピールするのに志望動機の説明はいい機会になりますが、自分の能力を強調しすぎると減点になります。

志望動機での、ポイントは面接者が会社の事業をまず理解して応募しているかです。

 

中小企業であっても、インターネットを通じ情報の取得は出来ます。事前に業績を調べ、面接を受ける会社のどこにひかれたのかを、面接官に伝わるように話してください。


御社のこの製品が好きです。
ホームページで拝見した、この技術は他社にはないものです。
地域活動に貢献している御社の姿勢を見て応募させていただきました。

 

このように、見方を変えればいくらでも志望動機はあるはずです。

面接している会社に、採用をしてもらいたいなら本気度を示してください。

「他に受けている企業はありますか?」と聞かれたら正直に答えるのが良い?

退職をし、採用希望の書類選考から面接を受ける会社での質問で、「他に受けている企業はありますか」の答えにつまる面接者は多いはずです。

この面接官の質問は、大きく分けると二つの意味があります。

 

1,面接した結果会社の役に立つので採用したいが、他社との取り合いになっているか。

2,面接をした他の会社の業種、職種はなにか

です。

1は、面接者に有利ですが、2は面接者の答えによっては、減点になります。

面接官が、気にしているのは、他社が面接者をどう評価しているのかもありますが、その前に採用を希望している会社と、面接をしている会社に一貫性があるかです。

商社を面接に来ているのに、その前に面接を受けているのが、商工会議所、ファーストフードと全く違う会社の面接を受けていると、不採用になりかねません。

せめて業種、職種は関連性をもたせてください。

 

他の企業に面接を受けているときに、隠してしまえば済むと考えている人も多いはずです。

一つ嘘をついてもいずれは、解ってしまいます。

本当のことを言うべきです。

面接官が疑問を持ってしまう答えは、「他の会社は受けていません」です。

たとえ本当であっても転職者は、数社面接をするのが普通と面接官は捉えています。

かえってこの答えは、計画性のない人間と判断されてしまいます。

自分の転職の計画、他社で面接していれば、詳細に説明を面接官にしてください。

 

まとめ

志望動機、他社の面接の質問について、例を挙げてかきました。

面接での志望動機は、東証一部上場会社の質問であっても、スラスラ提出種類にかける、面接で答えれられる人は少ないはずです。

 

企業は、特色があるように見えても、オンリーワンの商品を製造・販売している会社は、ほんの数社です。

ですから志望動機の質問にたいし、答えが詰まってしまいます。

面接している企業で働いてみて会社が分かるのですが、インターネットやSNSの情報では、企業のディテールまでは、解りません。

なので、本当に自分が想像している会社だったのかは、解りません。

解りませんが質問されます。

 

志望動機を訪ねる面接官の真意は、面接者が転職をするのに比重をどこに置いているのかが知りたいだけです。

賃金なのか、仕事なのか、会社の将来性なのか、何に重きをおいて、企業を選択したのかを、面接者に訪ねています。

 

他社の面接の状況も、同じ理由です。

面接したとき、他社の取られたくないと思って聞く質問の意味もありますが、面接だけでそこまでの人材か普通は解りません。

他の企業を受けているか聞くのは、面接者の仕事に対する考えかたを聞いているのと同じです。

採用してもらうのが遅ければ、家計はダメージを受けます。

その状況を分かっているのに、御社しか面接していませんでは、面接官は、面接者の頭の中を疑ってしまいます。

転職の活動においては、業種、職種で再就職先をまず絞って選択しないと効果的ではありません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました