ミライースにストラットタワーバーを取り付けてみた!メリットとデメリットも紹介

車について

筆者が行きつけのダイハツディーラーの営業マンは
「ミライースの良さはグニャとした曲がり方をするのが良い」と
そのようにおっしゃっておりました。

しかし、筆者はその「グニャ」とした曲がり方が
好きではなかったのです。

とはいえ、メーカーは考えがあって
車のサスペンションの硬さを考え車を開発しています。

なので、素人が何も考えなしで取り付けたところで
車のバランスが狂うのは必然です。

本記事では、実際にミライースに取り付けたストラットタワーバーの効果や
メリットやデメリットなども紹介していきます。

ミライースにストラットタワーバーをつけた感想

ミライースにストラットタワーバーを実際に取り付けましたが
確かに、グニャっという感覚はコーナーリングではなくなりました。

しかし、よくよく考えてみると
ミライースは、シャキッとさせる様な車種ではないですね。

 

たしかに、峠などでアルトワークスなどのスポーツモデルっぽい軽自動車と
バトルモドキをするのは楽しいですが、一般公道では
ミライースの走りは普通なら問題はなく不満もありません。

つまり、ストラットタワーバーは
単なる飾りです。

それが、ミライースオーナーには、わからんのですよ。

筆者が若かりし頃は、峠なども普通よりもかなりの速度で走行していた
アニメのイニシャルDなどに登場する「走り屋」だったのです。

今でこそ、おとなしくスポーツモデルから足を洗い
軽自動車のミライースに乗っていますが
昔は、結構走り屋っぽい車にも乗っていました。

サーキットにも走行していたころがありますが
やはり、一般道で全開走りは恐ろしいです。

つまり、ストラットタワーバーは
ドレスアップの一環であり自己満足の世界といえるでしょう。

ストラットタワーバーのメリットとデメリットも紹介

筆者は、ミライースにストラットタワーバーを
取り付けてはいけないとは言いません。

それは、個人の自由であり、カスタムの楽しさを知っている筆者としては
車のドレスアップはガンガンしたほうが良いと言えます。

 

ただ、「ミライースは○○する車じゃない」と言って
カスタムを我慢するというのは、何か違いますね。

次は、ストラットタワーバーを取り付けるメリットや
デメリットについてお伝えをしていきましょう。

ストラットタワーバーを取り付けるメリット

ストラットタワーバーを取り付けるメリットは
いろいろとありますが、以下の通りです。

・ボディ剛性が上がる
・サスペンションが動きやすくなる
・カーブが曲がりやすくなる
・エンジンルーム内がスポーティに感じられる
・ボディがねじれにくくなる
・ステアリングのレスポンスが向上する
・取り付けが楽しい

 

ストラットタワーバーを取り付けると
ボディ剛性がアップしたような印象を受けます。

とくに、ミライースはコストダウンをさせるために
メーカーは、ボディ剛性もコストダウンの対象にしているのです。

なので、グニャっとした感じでコーナーリングしますが
ストラットタワーバーを取り付けることでシャキッとしたコーナーリングになります。

ただ、田舎道のように曲がりくねったカーブが多い地域なら
ストラットタワーバーの恩恵を感じられるでしょう。

 

しかし、直線が多い都市部や中途半端な都市部は
ストラットタワーバーの恩恵を感じにくいかもしれません。

なによりも、ストラットタワーバーは初めての車のカスタムをする場合なら
入門用として、筆者は取り付けをお勧めします。

こうした、簡単な取り付けから車のカスタムに慣れていくのも
良いかもしれませんね。

ストラットタワーバーを取り付けるデメリット

ストラットタワーバーを取り付けるデメリットは
以下の通りです。

・サスペンションが硬く感じる
・事故を起こしたら被害が拡大する
・若干乗り心地が悪化する
・都市部だと恩恵を感じない

 

ミライースにストラットタワーバーを取り付けることにより
サスペンションが固くなったような感じがするようになります。

これは、ボディ剛性がアップしたから
サスペンションが固く感じるようになったのでしょう。

ただ、事故を起こしたときに片側のタイヤが損傷すると
もう片方のタイヤもダメージを受ける可能性が高くなります。

やはり、左右のストラットをつなげているので
これは仕方のないことだと言えるでしょうね。

 

都市部や中途半端な都市部の場合は
ストラットタワーバーの恩恵を感じることは少ないです。

田舎道の場合は、峠があったりワンディングロードがあったりするので
ストラットタワーバーの恩恵を感じやすくなります。

まあ、田舎は車も都市部と比べて
かなり少ないですからね。

ストラットタワーバーは自分でも取り付けは可能?

結論から言えば、誰でも簡単に取り付けはできます。

ストラットタワーバーは、ストラット部分にある2個から3個のナットを外し
ストラットタワーバーを取り付けるだけです。

 

ストラットというのは、サスペンションの先端にある部分ですが
ショックアブソーバーをたどっていけば見つけることができるでしょう。

ストラットタワーバーを取り付けるときの注意点は
ナットを締め付けるときに、しっかりと締め付けることだけです。

基本的に、ストラットタワーバーの取り付けは
ジャッキアップは不要です。

ちなみに、ストラットを固定しているナットの
締め付けトルクは「36.8±7.3N・m」です。

 

ストラットタワーバーに必要な工具は
以下の通りです。

・12mm:メガネレンチ又はスパナ/ラチェットレンチ

 

以上の工具以外は、必要はありません。

ただ、ストラットタワーバーのほうのネジを外す場合は
ほかの工具が必要になるかもしれないですが
基本的には、不要と思っても良いでしょう。

ストラットタワーバーだけを交換しても無意味!

車の走りを楽しむという意味では
ストラットタワーバーだけを交換したところで
サスペンションがついていかないので楽しい走りは実現しません。

「ミライースは、そんな車じゃない」

そのようによく言われるのですが
走りを楽しむことができるのはスポーツカーだけではないと筆者は主張します。

足回りを全体的にスポーティに交換すれば
エコカーでも、楽しい走りに生まれ変わるのです。

 

「ミライーは~」「プリウスは~」「エコカーは~」などなど・・・

そのようなことを言っている人の多くは
「スポーツカー=パワーのある車」と思っている人が多い。

筆者が考えるスポーツカーは、運転していて楽しい車です。

パワーがなくても、車を操る楽しさが味わえるなら
それは、まさしくスポーツカー。

自分の技量以上のパワーなどは、邪魔なだけですし
パワー任せでの走行は危険でもあるのです。

そう考えると、パワーのないミライースは
スポーティな車に化けやすい車種なんだと言えるでしょうね。

 

ただ、基本的に走りを楽しむならストラットタワーバーだけではなく
足回りを重点的に強化していくほうが、楽しい走りに生まれ変わるのは言うまでもありません。

パワーを上げるのは、足回りや制動力を強化してからでも遅くないでしょう。

そこまで効果的なのにどうしてメーカーは標準装備にしないのか?

結論を言えば、コストと狙っているターゲット層の問題により
あえて、標準装備にしないことが多いです。

たとえば、GRコペンには「フロントブレース」「センターブレース」など
標準装備になっています。

 

これは、スポーティな走りを求めるターゲット層が
GRコペンを買っていくから、そのような装備が標準装備になるのです。

しかし、ミライースのターゲット層は
燃費の良さを重視した人が多い。

また、ミライースを求めている人はスポーティな走りを求めていないので
あえて、ストラットタワーバーなどは標準装備にしません。

つまり、メーカーは効果があると知っていても
車種のコンセプトやターゲット層の違いにより
装備を変えていくということです。

 

まとめ

ミライースにストラットタワーバーを取り付けると
ハンドリングが軽やかになった気になります。

間違いなくボディ剛性はアップしているので
コーナーリングはシャキっとしているのは間違いありません。

 

確かにミライースは、シャキッとさせるような車じゃないかもしれません。

しかし、ミライースのような車でも
走りを楽しめるような人間のほうが自薦が楽しく感じると思うのです。

「○○は××しちゃだめ」という誰かが勝手に決めたルールを
絶対に守らないといけないというのは誰の中にも存在しません。

自分の車なのですから好きなようにカスタムして
カッコよくしていくほうが良いに決まっています。

「ミライースはエコカーだから」という理由で
カスタムをあきらめるという悲しいことだけはしないほうが
後悔は少ないと言えるでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました