就活用写真のサイズはどれくらいが最適?サイズが合わない時の対処法も紹介

転職について

就活で使用する写真は、書類選考なら印象を左右する要素の一つです。

履歴書の写真は、就活をする人にとっては、選考材料となるので応募書類の内容と同じくらい、気を使わないといけません。

本記事では、就活用写真のサイズと、筆者が履歴書の写真で失敗した事例などを、紹介していきます。

就活用写真のサイズはどれくらいが最適?

一般的な履歴書はの写真は、「縦4cm × 横3cm」となっていることがほとんどです。

証明写真を撮影できるボックスがありますが、実は「証明写真機Ki-Re-i(キレイ)」という製品名があります。

 

証明写真機Ki-Re-i(キレイ)の設置場所は全国各地にありますが、調べてみると良いでしょう。

応募書類によって指定されている写真の大きさも違うので、撮影前にしっかりと確認するほうが良いですね。

証明写真のサイズが違う場合の対処法

筆者は、過去に履歴書の証明写真を、大きめのサイズと間違えてしまったことがあります。

その場合は、写真を取り直すという方法もありますが、スーパーの片隅にある証明写真ボックスで、撮影した場合は「500円」の消費となります。

 

お金がない場合は、証明写真の失敗も、大きな負担となるのです。

お金に余裕がある場合は、証明写真の撮り直しができますが、お金がない場合は写真を切るという方法が良いでしょう。

ただ、余白のバランスが悪くなる場合もあるので、要注意です。

採用担当者は、写真なども良く見ているので、カットした跡を指摘することもあります。

多くの場合は黙っていますが、中には指摘されるケースもあり、几帳面ではないという印象を与える可能性もあります。

証明写真は、できる限り使いまわしはしないほうが良いです。

しわしわになった証明写真を張り付けると、使いまわしをしていると思われます。

 

さらに、「色々な会社に面接して採用されていない、何か問題あるのかも?」と
変に勘ぐられてしまうかもしれません。

なので、証明写真の使いまわしだけは、絶対にしないほうが良いでしょう。

就活用写真はスマホで撮影しても良い?

結論を言えば、スマホで撮影をしても問題はありません。

一定のクオリティをクリアしていれば、写真はどういうもので撮影しても問題hないのです。

 

採用担当者も、なにで撮影したのかについて気にしないので、顔が確認できていれば問題ないでしょう。

スマホで撮影したからと言って、不採用になる可能性は極めて低いです。

ただ、スマホで撮影する場合は、証明写真アプリをダウンロードしたほうが良いでしょう。

証明写真アプリって何?

証明写真アプリとは、履歴書や運転免許証、パスポートなどに使う証明写真を、スマホで撮影できるアプリです。

撮影した写真はプリンターなどで印刷できるので、自宅にいながら証明写真を撮影できるのです。

 

お金がないという場合は、積極的にスマホとプリンターを、利用していきたいところ。

アプリによっては背景や肌の加工などが可能となっていて、仕上がりも自分で細かく調整することもできます。

無料のアプリもあるので、おすすめです。

一番おすすめなのが「履歴書カメラ」というアプリで、求人誌「タウンワーク」から、リリースされているので安心です。

iPhoneやandroidでも使用できるアプリなので、使ってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

履歴書の証明写真は、面接が決まってからではなく、最初から用意しておくほうが良いでしょう。

筆者の場合は、面接が決まる前に履歴書をたくさん量産して、ハローワークで仕事を探していました。

 

そのほうが、慌てなくて済むし、文字もきれいに書けます。

証明写真ボックスで撮影をする場合は、証明写真ボックスをあらかじめ見つけておくほうがスムーズです。

今回紹介した「証明写真機Ki-Re-i(キレイ)」や「履歴書カメラ」などを、利用すると良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました