派遣社員でも退職届は必要?辞めるときの手順も紹介

転職について

派遣社員として就職して、人間関係や仕事が向いていないという場合は、「やっぱり向いていないな、辞めよう」と思うかもしれません。

そういう場合に、辞めることを派遣元に伝えますが、その時に退職届は必要になるのかどうか、疑問に感じるかもしれません。

筆者は、何度か派遣社員として就職をしていますが、仕事が向いていないと感じた場合は、退職届を出して辞めるようにしています。

筆者が20代のころに派遣社員として働いていた基板製造の会社で、「派遣社員でも、退職届を出すのが普通やろ」と言われたのです。

しかし、他の派遣社員の方は、退職届を出さずに退職している模様。

本記事では、派遣社員でも退職届は必要なのか、いらないのかについてお伝えをしていきます。

派遣社員でも退職届は必要?

結論を言えば、派遣社員と正社員では雇用形態が異なるので、派遣社員の場合は退職届は不要です。

なぜ、筆者は派遣社員だったのに、退職届を求められたのか疑問ですね。

 

派遣社員の場合は、雇用契約を結んで派遣元で働くことになります。

一般的に、中途解除はできないので、雇用期間いっぱいまで働くしかありません。

これは、派遣先と派遣元との信頼関係の上で、そのようになっているのです。

もし、勝手に辞めたり雇用期間中なのに、出社しなくなった場合は派遣元の信頼は、大きく失われます。

信頼を失うことが怖いため派遣元は、雇用期間ぎりぎりまで働いてから、退職をしてもらうようにしているのです。

ただ、派遣先のほうが「あ、もう明日から辞めてもらっても構いませんよ」と、派遣先の会社が言ってくれれば、雇用期間中でも退職は可能です。

 

辞めるときの手順

辞めるときの手順としては、ざっくり説明すると、派遣元に伝えてから、派遣先の会社に伝えるという感じが良いかもしれません。

筆者の場合は、まず退職するということを派遣元に連絡し、相談をします。

 

雇用契約書の注意事項や、辞めるときのことが記載している場合もあるので、読んでみると良いかもしれません。

辞めることを伝えるタイミングはいつが良い?

辞めることを伝えるタイミングは、だいたい辞めようと考えている日から、1か月前には連絡をしたほうが良いです。

辞める日から1週間前に、いきなり辞めることを伝える人もいますが、仕事内容の引継ぎなど、色々とやることがあるので、1週間前に連絡されるのは迷惑だといえます。

 

法律では、派遣社員の自己都合退職について、民法のほうが適用される感じです。

筆者は、労働基準法が適用されると思いましたが、そうではないみたい。

「民法第627条」には、退職をするときについて、無期雇用の場合は退職の申し入れから2週間後に、雇用契約が解除される、と記載しています。

ただ、有期雇用の場合は、「民法第628条」に記載している「やむを得ない理由」じゃない限り、雇用期間満了前の体色はできないことになっています。

 

とはいえ、「労働基準法第137条」には、1年以上3年未満の雇用契約の場合は、1年を経過した日以降、いつでも退職は可能ということになっています。

うーん、ややこしいですね(苦笑)

つまり、半年や1年未満の雇用契約の派遣社員は、使用期間を経過した後は、やむを得ない理由がない場合は、雇用期間が満了するまで退職はできないことになっています。

とはいっても、派遣先の会社が、「明日から来なくていいよ」みたいなノリだった場合は、すぐに辞めることができます。

まあ、そういうことって、あまりないかもしれませんが、筆者は何度か経験したことがありますけどね(笑)

 

まとめ

基本的に、派遣社員の場合は退職届は不要です。

なぜなら、正社員とは、雇用形態が異なるから。

 

筆者は派遣社員なのに、退職届を求められたことがありますが、その意味がいまだに理解不能ですね(苦笑)

派遣社員の場合は、やむを得ない理由がない限りは、雇用期間満了前に退職はできません。

とはいえ、筆者は雇用期間満了前に、派遣先の会社から退職しても良いといわれたことがあります。

なので、法律的には、それほど強制ではないのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました