ミライースに12インチのタイヤは取り付けられる?タイヤサイズも紹介

車について

ミライースに取り付けることができる
タイヤサイズは、車に設定されているインチ数より
プラスマイナス1インチなら、問題はないでしょう。

しかし、最近の車はグレードによってインチ数を変えている場合が多いので
最低グレードに履いているタイヤサイズよりも下はやめたほうが良いかもしれません。

本記事では、ミライースに12インチのタイヤサイズを
履くことができるのかや、ミライースに適したタイヤサイズについても紹介します。

グレードによってタイヤサイズが違う

ミライースは最下級グレードと上級グレードに分けられていますが
それぞれ、タイヤのインチ数が違います。

メーカーは、あえてタイヤサイズを変えることで
グレードに差別化を与えているのです。

 

ミライースのタイヤサイズは、上級グレードで「155/65R14」です。

下級グレードの場合は、スチールホイールが取り付けられていて
タイヤサイズは「155/70R13」となっています。

上級グレードも下級グレードも同じミライースなら
取り付けは問題なくできます。

ただ、ディーラーで下級グレードのミライースに
「155/65R14」を取り付けてほしいと依頼しても
取り付けてはくれません。

なぜなら、下級グレードのミライースに取り付けられるタイヤサイズは
「155/70R13」だからです。

ディーラーによっては「同じ車だから」という理由で
取り付けをしてくれる店もありますが、あまりないと考えてよいでしょう。

 

タイヤサイズの見方

ミライース上級グレードを例題にして
タイヤサイズの見方を紹介していきましょう。

まず、「155/65R14」の最初にある「155」は
タイヤの幅を示しています。

 

最初の数字「155」から数値が高くなるほど
タイヤの幅は広くなるのです。

タイヤの幅が彫りければ広いほど
路面との設置面積が広がり抵抗が強くなります。

抵抗が強くなるということは
タイヤが路面にしっかりと食いつくようになるのです。

タイヤの幅が広いと、カーブを曲がるときにタイヤが車をしっかりと支えるので
滑りにくくなります。

 

ある程度、滑りにくさを期待するなら
タイヤの幅は広いほうが良いかもしれません。

燃費を気にする場合は、タイヤの幅は狭いほうが良いでしょう。

次に「65」という数字がありますが
これは、タイヤの扁平率を示しています。

扁平率はタイヤの厚みのことで扁平率の数値が高くなればなるほど
厚みが増していきます。

タイヤの厚みが厚くなると、乗り心地は良くなるのです。

扁平率が低くなるほど、タイヤの厚みは薄くなります。

乗り心地はゴツゴツした感じになり
路面の細かい段差も感じ取れるようになるのです。

タイヤの厚みが薄い場合は、車高が低くなったような印象に見えるので
カッコよく感じられるでしょう。

 

乗り心地を重視したい場合は
扁平率は高いほうが良いですね。

タイヤサイズには「R」という文字がありますが
これは、ラジアル構造だという意味です。

タイヤ選びでは、ほぼ覚えなくても良い部分なので
豆知識として知っておくのも良いかもしれません。

最後の数字に「14」とありますが
これはインチ数のことです。

ミライースの下級グレードは、13インチなので
上級グレードの14インチよりも小さいということになります。

ミライースの場合は、13インチ~15インチまでは
無難に取り付けることができるでしょう。

しかし、12インチ、16インチとなると
自己責任で取り付けるほかありません。

知識なしで、リスクを背負いながらインチアップやダウンをするより
グレード間で取り付けられているタイヤサイズを選んでおけば全く問題ありません。

ミライースに12インチサイズのタイヤは適合する?

結論から言えば、ギリギリ適合するという情報が
みんカラのブログにありました。

しかし、完全な自己責任となるので
同じ型式のミライースでも
どこかの部品に接触する危険も考えられます。

 

そう考えると、12インチサイズのタイヤを
ミライースに取り付けるという行為は無謀と言えるでしょう。

他の人が成功しているからという理由で
安易に12インチサイズのタイヤを取り付けるというのは
楽観的すぎて、逆に怖いですね。

筆者なら、取り付けはしないでしょう。

みんカラのブログでも、「ブレーキキャリパーにギリギリ接触しそう」と
そのように記載していたので、取り付けはしないほうが無難だといえます。

ミライースのタイヤ交換時期はいつ?

タイヤの交換時期は「タイヤの溝が1.6mm以下になったとき」と
「サイドウォールに傷やひび割れがあった場合」です。

ちなみに、サイドウォールとはタイヤの側面のことで
サイドウォールの役割としては、走行中に細かい段差などの衝撃を
緩和してスムーズに走行できるようにすることです。

 

また、カーブを曲がるときに
遠心力に耐えるという役目もサイドウォールにはあります。

タイヤの寿命は、タイヤの溝が
ほぼなくなり、スリップサインが見えるようになるまでです。

スリップサインが出てきたタイヤを
そのまま使い続けると雨の日などに滑りやすくなります。

タイヤのひび割れはどうして発生するのか

タイヤのひび割れは、なぜ起きるのかですが
色々な原因の中で、一番考えられるのが空気圧不足でしょう。

タイヤは正常な空気圧で使っていても
自然とタイヤ内の空気が抜けていくのです。

 

定められた空気圧よりも低いと
タイヤがたわんでしまってタイヤの変形により
ひび割れが起きやすくなります。

ちなみに、タイヤに荷重をかけることでも
ひび割れは発生しやすくなります。

タイヤに荷重がかかることでタイヤの表面だけではなく
側面にも摩擦や圧がかかり、傷やひび割れが発生しやすくなるのです。

また、タイヤはゴムでできているため時間の経過により
性能も品質も徐々に低下していきます。

新品から同じ性能を維持しているわけではなく
性能は徐々に低下しているのでタイヤはある程度したら
交換をしないといけません。

そして、タイヤは常に直射日光にあたっているし
洗車をしているときに洗剤や艶出し剤などで劣化しやすくなっているのです。

 

ゴムが劣化してしまうとタイヤの性能は
徐々に落ちていきます。

新品タイヤの時は、簡単に曲がれたカーブでも
古くなったタイヤではスキール音を出しながらカーブを曲がることになります。

スキール音がしたら、寿命が近づいてきたと考えて良いかもしれません。

タイヤのローテーションはやったほうが良い!

タイヤというのは駆動輪が、一番減るのが速いといわれています。

フロントエンジン・フロントドライブで、前輪駆動の場合は
前輪のタイヤが減りやすく、後輪が減りにくいのです。

 

なので、後輪のタイヤを前輪に
前輪のタイヤを後輪にします。

こうした行為を、タイヤのローテーションと呼ぶのです。

タイヤのローテーションは、なぜ行わないといけないのかと言えば
後輪の溝が深いタイヤを前輪に交換して均一にタイヤを減らそうというのが目的です。

タイヤのローテーションは、走行距離「5,000km」に1回おこないます。

タイヤのスリップサインが完全に出るまで使うのは自殺行為!

タイヤの溝を見て、スリップサインが見えている場合は
使い続けると危険です。

タイヤの残り溝が3.2mmなったら、タイヤは交換したほうが良いでしょう。

 

なにで、タイヤの溝をチェックすればよいのかと言えば
「デプスゲージ」という測定器で確認をします。

デプスゲージはデジタルになっているタイプもあるので
簡単に残り溝を確認することができます。

もちろん、スリップサインでもチェックが可能なので
定期的に、スリップサインが出てきているかどうかをチェックしましょう。

スリップサインの位置は、タイヤの側面に「△」というマークを目印に直線で見ると
スリップサインを確認することができます。

タイヤが摩耗して溝の深さが「1.6mm」になったら
だいたい、スリップサインとタイヤの表面と同じ高さになるのです。

スリップサインとタイヤの表面が同じ高さになると
走行中にタイヤが滑り出す可能性があります。

とくに、雨の日などはスリップサインが見え始めていると
排水力が低下するので滑りやすくなるのです。

 

具体的に言えば、ブレーキを踏んだ時に
車が減速する感じがしなくて、車が宙に浮いた感じがします。

ブレーキを踏んでも減速しないので
車の操作ができなくなるということが起きるのです。

スリップサインが見え始めてくると
タイヤが滑り出す危険があるので残り溝が
3.2mmになったらタイヤを交換したほうが良いでしょう。

タイヤの溝が適正地でない場合は、車検に通らない可能性も出てきます。

車検に通らないといえば
違法改造などを連想するかもしれません

しかし、完全フルノーマル状態でも残り溝が「1.6mm」以下だと
車検には通りません。

「違法改造はしとらんぞ!」と文句を言ったところで
保安基準に定められた溝の深さではないので車検には通らないのです。

 

ミライースのタイヤの空気圧はどれくらい?

ミライースの適正空気圧は、「2.6kgf/cm」です。

ミライースの適正空気圧を見たい場合は
ドアを開けたときにボディのほうに張り付けられているシールに
空気圧が記載されています。

 

ガソリンスタンドで空気圧の点検を任せている場合は
空気圧をいつ点検してもらったのか忘れることもあるでしょう。

タイヤの空気圧は車の重量や
積み込む荷物の重量などによっても変わってきます。

タイヤにとって重要なのは、「荷重支持機能」なのです。

タイヤのサイズが同じでも空気圧が違うと
過重負荷能力は大きく変化するのです。

指定空気圧はタイヤのサイズだけで決められているのではなく
車に取り付けたタイヤにどれくらいの荷重による負担がタイヤにかかるのかにより決まります。

これは、車種によっても指定空気圧は決められており
自分でタイヤに空気を入れる場合は、タイヤが冷えている状態で
車の指定している空気圧に合わせていくのです。

 

ガソリンスタンドで入れる場合は
20~30kpa高めに空気を入れるようにしましょう。

タイヤが冷えた状態になったら
改めて空気圧の再調整をすると良いかもしれません。

クソ面倒くさいですが(笑)

車のタイヤがパンクしてしまったらどうすれば良い?

車のタイヤが、いきなりパンクしてしまうと
かなり驚きますよね。

いざ、車のタイヤがパンクしてしまうと
どうすれば良いのか分からなくなるかもしれません。

 

いきなり車のタイヤがパンクした場合の対処法について
一つ一つ紹介をしていきましょう。

JAFを呼ぶ

JAFの会員になっている場合は
タイヤのパンクとスペアタイヤを無料で交換してもらえます。

ですが、JAFの会員ではない場合は
スペアタイヤとパンクしたタイヤの交換費用の基本料の「8,380円」に加え
作業料「4,750円」を支払わないといけません。

 

また、JAFの会員ではない場合の料金は
一般道で午前8時~午後20時までなら、総合計で13,130円必要です。

午後20時~午前8時の場合は値段が上がり
「15,230円」となってしまいます。

修理キットを使用する

タイヤがパンクしたときの対処法の一つとして
修理キットを使用するという方法があります。

修理キットは、最近の車なら
荷室の下にあるはずです。

 

ミライースの場合でも荷室の下にパンク修理キットがあるので
使うと良いでしょう。

なので、わざわざパンク修理キットは、買う必要はありません。

パンク修理キットの有効期限はいつ?

実は、パンク修理キットには、有効期限というものがあります。

有効期限は、だいたい4年程度と言われていますが
メーカーによっては「2年~6年」です。

 

有効期限が切れている場合は
パンク修理キットを使用してもパンク修理ができません。

使う場合は、有効期限についてチェックをしましょう。

もし、買い換えるという場合は、ダンロップ製なら
以下のような値段となります。

パンク修理キット(小) ¥7,800-  (税込)
パンク修理キット(大) ¥8,300- (税込)

自分でタイヤ交換をするのはメチャクチャ危険!?

結論から言えば、知識がない人が
タイヤの交換をするのは極めて危険だといえます。

筆者の言う「危険」というのは
作業中の安全面のことです。

 

ただ、「知識がない人がタイヤ交換をするとタイヤがはずれる」なんて
バカなことを言っている人もいますが「そんなに弱い力で締め付ける奴いねーだろ」と
筆者は、笑いながら言い返したくなります。

筆者が、まだまだ初心者マークをつけていた10代のころに
生まれて初めて、自分でタイヤ交換を一人でしました。

そんな、筆者でも力いっぱいホイールナットを、
締め付けていたのです。

いやいや、バカみたいに締め付けちゃダメですけどね(苦笑)

まあ、昔の筆者は何も知らなかったので
ホイールレンチに自分の全体重をかけて
締め付けていました(笑)

本来は、ホイールナットも適正トルクというものがあり
何も考えずに締め付けちゃダメなんです。

当時の筆者は、タブーを平気でしていました(苦笑)

タイヤ交換では油圧ジャッキを使おう!

タイヤ交換では、車載工具のパンタジャッキは
極力使用しないほうが良いでしょう。

理由は、頻繁に使用すると
パンタジャッキのネジ部分がダメになりやすいからです。

 

ネジ部分が劣化していくことで
いきなりジャッキが落ちる危険も考えられます。

筆者の場合は、タイヤ交換とはいえ
ちゃんと油圧ジャッキで車を上げてタイヤ交換をしています。

また、油圧ジャッキを使用するにしても
ジャッキポイントにあてて、車を上げないと危険です。

「知識がない」というのは
こうした安全面においてのことが多いと筆者は思うのです。

ちなみに、ミライースのホイールナットの
規定トルクは「103N.m」のようです。

とはいえ、軽自動車に「103N.m」は
トルクオーバーだと思う人もいるかもしれません。

確かに、トルクのかけすぎは、いけませんが
軽自動車も「100~120N・m」のトルクで締め付けても良いのです。

ただ、締め付けが甘いと、走行中にタイヤが外れる可能性もあるので
規定値のトルクで締め付けるほうが良いかもしれません。

まとめ

ミライースのタイヤサイズは、ブレードによっても違いますが
「155/65R14」と「155/70R13」のどちらかが取り付けられています。

ただ、13インチよりも下の12インチを
ミライースに取り付ける場合はブレーキキャリパーが
接触する可能性もあるので要注意です。

 

インチアップも、やりすぎると燃費が悪くなる可能性もあります。

なにをするにしても、デメリットをしっかりと知ったうえで
行動を起こすようにしたほうが良いでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました