履歴書の作成はパソコンか手書きのどちらが良い?

転職について

履歴書というのは、学歴や職歴などがわかる
希望者のデータが詰まった仕様書みたいなものです。

実際に履歴書を提出するときは
手書きじゃないとダメだというルールは実はありません。

パソコンでの作成は不採用になりやすいというのは
筆者の経験上、都市伝説です。

本記事では、履歴書の作成を手書きとパソコンでは
不採用になる可能性があるかどうかや好印象を得るのは
どちらなのかについてお伝えをしていきます。

パソコンと手書きはどちらが好印象?

結論を言えば、履歴書の作成において
手書きでもパソコンでっ作成をしても採用に対する有利不利はありません。

採用担当者も好印象に見えるのは
詳しく記載したやる気たっぷりの履歴書であり
それが何で作成したのかは問題ではないのです。

 

確かに、きれいな字で履歴書を記載していれば
その人の人間性がわかるという人もいるでしょう。

しかし、筆者の経験からすれば
字を見ても、その人の性格まではわからないということ。

たとえば、字が汚い人は根性も汚いと言われていて
かなりイメージ的に悪い印象を与えます。

さらに、採用担当者によっては「字の書き方によって人を見る」ことがあり
字が汚い人は、不採用になることもあるんだそうです。

理由としては、字が汚い人は気が短く周囲が見えず
自我が強いといわれているからです。

ただ、筆者は字が汚いとはいえ、人からは温厚な性格と言われており
しっかりと安全確認をするほど慎重派で、人の意見もしっかり聞く人間です。

なので、字が汚いからと言って
本当に気が短いのかと言えば、そうではないということになるでしょうね。

 

つまり、手書きで汚い字だと
悪い印象しか与えないということになります。

逆に、パソコンだと誤字脱字さえなければ
好印象を与える可能性のほうが高いです。

本来採用されるはずの会社で
字が汚いというだけで不採用になるというのは馬鹿らしいと思います。

履歴書をパソコンで作成したからと言って不採用になるとは限らない理由

履歴書をパソコンで作成をしたからと言って
不採用になる可能性はありません。

求人票に「手書きで」と記載しているなら
手書きで履歴書を作成するしかないでしょう。

 

しかし、求人票に何も指定がない場合は
パソコンで履歴書を作成しても問題はないのです。

一部の人は、履歴書は手書きで書くべきだと勘違いしているのですが
別にパソコンで作成しても、それが不採用になる原因とはならないでしょう。

履歴書を手書きで作成するメリットとデメリット

履歴書を手書きで作成するメリットは
面接担当者が、相手の性格などを大体把握できるということでしょう。

ベテラン面接担当者は3分の会話の中で
相手がどういう人間なのかを見極めることができるそうです。

 

さらに、履歴書で相手の性格を
大体把握できるということになれば
完全に応募者は丸裸にされているというのも過言ではありません。

ただ、そういうエスパー的な採用担当者は
口先だけで、本物はまだ見たことがありません(笑)

ただ、履歴書一つにしても、確認ができない人は
誤字脱字があります。

確認ができないという場合は、仕事においても
マイナスなイメージが多いです。

ほかにも、履歴書から見れるのは分かりやすい文章かどうかも
知ることができます。

たとえば、志望動機などが簡単にかつ
伝わるような文章だと字が汚くてもしっかりしていると思われるのです。

さらに、採用担当者との会話もハキハキと話をして
伝わるような話し方をすれば履歴書なんてもはや参考にはなりません。

やる気があり、相手に伝わる話し方でハキハキ話をする応募者に
採用担当者は釘付けになることでしょう。

デメリットとしては、手書きは作成が時間かかるということです。

字を間違えると、書き直さないといけないので
新しい履歴書にまた最初から記載していく必要があります。

 

履歴書をパソコンで作成するメリットとデメリット

履歴書をパソコンで作成するメリットは
字が汚いのがバレないということでしょう。

ただ、採用担当者は字の美しさだけではなく
学歴や職歴なども見ているし会話をすれば
だいたい、どういう人間なのかもわかってしまうのです。

 

また、パソコンで履歴書を作成するメリットは
字を間違えても修正ができるということ。

手書きと比べても、履歴書の作成に時間はかかりません。

デメリットとしては、面接担当者から
「どうして、手書きじゃないのですか?」と質問されることです。

この質問に対して、あなたはどういう返答をしますか?

相手を納得させることができる最適な返答ができる場合は
パソコンで履歴書を作成しても問題はないでしょう。

まとめ

履歴書は手書きのほうが、採用されやすいかもしれません。

しかし、多くの採用担当者は履歴書の内容よりも
あなたとの会話の内容のほうを重視している場合が多いです。

 

採用担当者は、履歴書を手書きにしている場合
社会常識を身に着けて実行しているかも見ています。

暗黙のルールで「履歴書は手書きじゃないとダメ」と決めている
採用担当者も中に入るので、パソコンで作成をする場合は注意が必要です。

採用担当者が見ている部分はマナーや
社会常識があるかどうかも求められているので
それが身についていない場合は、パソコンだろうが手書きだろうが不採用になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました