天井クレーン(5トン未満)の資格を得るのは難しい?費用なども紹介

転職について

天井クレーンは工場などで手では持てない重いものを吊り上げ、目的の場所に運搬するための機械です。

クレーンの資格にも色々とありますが、その中で、工場内で使用するクレーンの資格についてお話していきます。

天井クレーン(5トン未満)の資格を得るのは難しい?

天井クレーンの資格を取得するのは、それほど難しいものではありません。

基本的な安全に関する知識を覚えれば、誰でも取得できる資格なのです。

 

ただ、「クレーンの資格」と言っても、種類があります。

合格率や資格を受けるための費用、資格の種類などを次は紹介していくことにしましょう。

クレーン資格の種類

クレーンの資格は、以下のように種類が2つあります

・小型移動式クレーン資格
・床上操作式クレーン資格

 

小型移動式クレーンは5トン未満の移動式クレーンを操作できますが、工場内での作業では、あまり必要性が感じられません。

床上操作式クレーン資格は、床上操作式クレーンを操作でき、工場内では、比較的必要とされる資格となります。

工場によっては「玉掛け」の資格をセットで取得しているほうが、色々な作業ができるので、採用されやすくなるのは間違いありません。

床上操作式クレーンで5トン以上の床上操作式クレーンを操作できる資格の場合は、小型移動式クレーンも操作が可能になります。

なので、クレーンの資格を取得する場合は、5トン以上の床上操作式クレーンの資格を取得したほうが、どちらも操作ができるということになります。

 

天井クレーン(5トン未満)の資格の合格率

天井クレーン(5トン未満)の資格について、合格率は学科試験では約76%、実技試験の場合は60%となっています。

学科試験にしても約76%の確率で合格できるので、不合格になる可能性は極めて低いといえるでしょう。

 

また、実技も60%となっているので、合格率は低いとは言いにくいですね。

筆者は床上操作式クレーンの資格を取得していますが
学科、実技ともに一発合格でした。

とはいえ、床上操作式クレーンの資格を一発で取得したとしても、自慢にはならず、もはや「当り前じゃん」というレベルに近いです。

床上操作騎士クレーンの資格で、不合格になる人って、あまりいないんじゃないでしょうか。

ただ、床上操作式クレーンの資格は
いうほど難しくないので、気楽にチャレンジすると良いでしょうね。

天井クレーン(5トン未満)の資格の費用

床上操作式クレーン(天井クレーン)の資格を取得する費用は、2万円から3万円です。

ただ、地域や資格を得る教習所によっては、値段が違う場合があります。

 

玉掛けの資格を先に取得すると、床上操作式クレーンの資格で免除される部分もあります。

ちなみに、玉掛けの資格に必要な費用は、2万2千円です。

何日くらいで資格が取得できるのか?

床上操作式クレーンの資格は、3日で取得できます。

他のクレーン免許と比べると、難易度はかなり低いですよ。

 

床上操作式クレーンと玉掛けの資格があれば、大体の工場にあるクレーンを操作することができます。

まとめ

製造業と言っても小さいものを組み立てる仕事だったり、大きなものを組み立てる仕事など種類はいろいろです。

床上操作式クレーンの資格が必要になる製造業というのは、大きなものを組み立てる製造となります。

 

たとえば、ショベルのブームやアームをショベル本体に取り付ける場合は、クレーンを使用して組み立てていきます。

そういう感じの工場では、床上操作式クレーンと玉掛けの資格は、必要になることが多いので、取得していても損はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました