1. TOP
  2. 取り付けパーツの感想
  3. デミオのカスタムに欠かせないウィンドウトリムガーニッシュの魅力とは?最適な色の組み合わせってあるのか検証
当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

デミオのカスタムに欠かせないウィンドウトリムガーニッシュの魅力とは?最適な色の組み合わせってあるのか検証

取り付けパーツの感想 この記事は約 5 分で読めます。

デミオのカスタムをしていく中で
やはり「ウィンドウトリムガーニッシュ」は欠かせないドレスアップではないでしょうか。

本記事ではウィンドウトリムガーニッシュにはどのような魅力があるのかや
実際に取り付けてみた感想なども紹介していきます。

そもそも「ウィンドウトリムガーニッシュ」って何?

ウィンドウトリムガーニッシュは、簡単に言うと
ウィンドウトリムに張り付けるドレスアップパーツです。

基本的に、名前の通りなのですが・・・

さて、ウィンドウトリムガーニッシュを取り付けると
見た目がカッコよくなります。

ただ、それだけです。

デミオ(DJ3FS)にウィンドウトリムガーニッシュを取り付けてみた!

ウィンドウトリムガーニッシュはメッキ仕様なので
筆者のジェットブラックマイカとの組み合わせは
ベストすぎるほどにマッチするはずです。

黒い車などに、メッキパーツを取り付けることで
高級な印象を与えてくれます。

 

いえ、車の値段じゃなくて印象の話です(汗)

必要・あったほうが良いものを
紹介していきましょう。

必要・あったほうが良いもの

・パーツクリーナー
・ウエス

以上のものですね。

 

画像には、水が入った巣霧吹きが映っていますが
あれは関係ないので気にしないでください。

パーツクリーナーは、一応両面テープの貼り付けが
しっかりできるように一応張る前に吹き付けました。

ネットでは「不要だ」という意見もありますが
走行中に外れる可能性も考慮して念には念を入れて
パーツクリーナーで吹き付けてから取り付けるほうが良いでしょうね。

ウエスは、ボディーについたパーツクリーナーを
拭き取るためのものですね。

不要だという人は、用意しなくても良いかもしれません。

 

ウィンドウトリムガーニッシュの取り付けはむつかしい?

車種専用設計なので、取り付けはむつかしくもないし
加工する必要もありません。

一応、両面テープをとる前に
向きはどうなのか、合わせてみると良いでしょう。

 

向きが分かったら、ウィンドウトリムガーニッシュを
取り付けていきます。

両面テープなので、貼り付けるだけなんですけどね。

筆者が買ったウィンドウトリムガーニッシュは
3Mの細い両面テープがついていて
なんだか頼りない感じもしました。

少しずつ張り合わせていったので
失敗はありませんでした。

デミオのカスタムに欠かせないウィンドウトリムガーニッシュの魅力とは?

ウィンドウトリムガーニッシュは車の窓周辺に貼る装飾パーツですが
取り付けることで、デミオのボディラインを引き締まる感じがします。

とくに、ボディカラーがブラックやソウルレッドなどだと
コントラストが強調されるようにも思えるでしょう。

 

さらに、ウィンドウトリムガーニッシュを取り付けることで
窓のサイズが大きく見える感じになります。

ボディカラーによっては、高級感のある印象を与えるし
存在感が出るというのもウィンドウトリムガーニッシュの魅力だと思われます。

ウィンドウトリムガーニッシュを取り付けるメリット

ウィンドウトリムガーニッシュを取り付けるメリットは
車の個性を表現できるということです。

筆者のデミオの場合は、確かに、メッキのウィンドウトリムガーニッシュを
取り付けている車はあまり見たことがないので、個性を表現できるといえますね。

 

また、ウィンドウトリムに傷や汚れがつかなくなるので
ウィンドウトリムから黒いシミみたいなものがたれなくなるでしょう。

ウィンドウトリムガーニッシュを取り付けることで
窓のサイズを大きく見せることができます。

さらに、取り付けが簡単というのも
最大のメリットと言えるでしょうね。

ウィンドウトリムガーニッシュを取り付けるデメリット

ウィンドウトリムガーニッシュは専用のパーツなので
同じ車名であっても年式によってはサイズが合わない場合もあります。

また、自分で作業をする場合は
慎重に取り付けないと斜めに取り付けてしまうこともあるでしょう。

 

取り付け方によっては、窓の開閉に支障をきたすこともあるでしょうけど
少なくとも、筆者のデミオの場合は支障をきたすことはありませんでした。

ウィンドウトリムガーニッシュ取り付けには最適な色の組み合わせってあるのか検証

メッキ調のウィンドウトリムガーニッシュに最適なボディカラーは

・ジェットブラックマイカ
・ソウルレッドクリスタルメタリック
・ディープクリムゾンマイカ
・エターナルブルーマイカorダイナミックブルーマイカ
・ディープクリスタルブルーマイカ

などなど、基本的に濃い色合いのボディカラーのほうが
スタイリッシュな印象を与えるように思えます。

 

ただ、上記のボディカラーに最適だというのは
筆者個人の感想であり、多くの人がそう思っているわけではありません。

まとめ

筆者はデミオ(DJ3FS)にウィンドウトリムガーニッシュを
取り付けました。

筆者の車はジェットブラックマイカなので
メッキ調のパーツが引き立つ感じに見えます。

筆者のデミオは横から見た印象ですが、VIPカスタムっぽく見えるので
シンプルではありますがカッコよさも感じられます。

これも、ウィンドウトリムガーニッシュを
取り付けたからだといえるでしょう。

 

関連記事

  • デミオ(DJ3FS)にストラットタワーバーを取り付けてみた!その効果もレビュー

  • デミオのステアリングエンブレムリングのおすすめ商品と選び方

  • デミオ(DJ3FS)にメッキドアノブカバーを取り付けてみた!コツなども紹介

  • 【デミオ(DJ3FS)】レトロフィットキットの取り付けはむつかしい?ディーラーでの取り付け価格も紹介

  • エアロスタビライジングフィンは燃費向上の効果は本当にある?

  • デミオ(DJ3FS)にオートエグゼ・インテークサクションキットを取り付けた感想!取り付け後の変化も紹介