1. TOP
  2. コラム
  3. マツダデミオはヤバイから中古は買うなは本当か?安い理由についても検証
当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

マツダデミオはヤバイから中古は買うなは本当か?安い理由についても検証

コラム この記事は約 7 分で読めます。

ネットではマツダデミオはヤバイとか
中古は買うなという意見がちらほらありますね。

ただ、こういう意見は本当なのか
気になりませんか?

本記事では、マツダデミオが安い理由についてと
マツダデミオの中古車を買う注意点について解説していきます。

マツダデミオはヤバイから中古は買うなって本当?

マツダデミオには「ガソリン車」「ディーゼル車」の
2種類のエンジンがそれぞれ搭載されているもでるがあります。

ガソリン車を選ぶのか、ディーゼル車を選ぶかで
中古車の買い方にも変化があるかもしれません。

 

ただ、マツダデミオのディーゼルのほうは
故障が多いという噂もありますね。

マツダデミオのディーゼルが壊れやすいといわれる大きな原因は
チョイ乗りによるDPF再生でのトラブルが発生していることが原因といわれています。

確かにリコールは発生しているのですが
リコールがあるということはマツダというメーカーは
しっかりと対応しているという証拠ともいえるでしょう。

ディーゼルはいろいろとメリットはあるのですが
万が一故障をした場合は、部品のほうが高くなるので修理費は想像以上になるかもしれません。

ただ、遠出をするという場合は、ディーゼル車でもガソリン車でも
問題はないといえるでしょう。

つまり、マツダデミオはヤバイから中古は買ってはいけないというのは
ほぼ、デマに近い情報といえます。

ポイント

とはいえ、「買ってはいけない」というのは
ディーゼル車のほうを意味していることが多いです。

なので、チョイ乗りメインの人は
ディーゼル車はやめとけって話でしょう。

 

マツダデミオの中古車が安い理由

別に、マツダデミオが特別安いわけではなく
他のメーカーの車種も同じ年式に比べて安い場合があります。

マツダデミオの中古車が安い理由に関して言えば
2019年にグローバル車名への変更によりデミオは生産終了となりました。

とはいえ、車そのものは生産している形で
Mazda2という名前で販売されることになったのです。

使い勝手のいいデミオは中古車市場でも人気が高く
価格も安いのでさらに人気が加速します。

車名変更でも、中古車の価格が下がる要因となります。

さらに、改良によっても
その価格は落ちていくのです。

ポイント

なんどもマイナーチェンジやモデルチェンジをした車なら
デミオに限らず中古価格が安くなっているはずです。

単に、安い値段だからと言って質が悪いということではなく
デミオの場合は、新車価格が安いので中古車での価格も安くなります。

さらに仕様変更や装備内容追加によって
旧モデルの中古流通量が増えるのも一般的ですね。

そうしたことから、マツダデミオの中古車が安くなっていくというわけです。

マツダデミオの中古車を買う注意点

マツダデミオの中古車を買う場合は
「走行距離」「年式」「整備記録の確認」「車の状態」など
いろいろな部分をチェックする必要があります。

走行距離の許容範囲は、人によっても違いがあるかもしれません。

ただ、年式に比べて走行距離が、かなり少ないという場合は
前のオーナーが余り乗っていない可能性も考えられます。

走行距離を目安にする場合の注意点

中古車を買う場合において
「走行距離」を重視する人もいるかもしれません。

一般的に1年1万キロと考えれば
単純計算で5年落ちのマツダデミオなら5万キロくらい走行していて普通です。

5年落ちで10万キロなら、それなりに使われていた可能性もあるでしょう。

しっかりとメンテナンスをされている車なら
たとえ、走行距離が10万超えていても調子がいいことのほうが多いです。

逆に、5年落ちで5000キロの場合は
明らかにあまり乗っていない可能性もあります。

走行距離が少ないから状態がいいというのは
少し違いますね。

チョイ乗りの場合はエンジンに対しても負荷がかなり高くなるので
エンジンの調子が悪い可能性もあります。

年式に対して走行距離が少なすぎる車は
しっかりとメンテナンスされていない可能性もあるので要注意ですね。

中古車は走行距離が短ければ良いわけではなく
年式に対して走行距離の少ない車は週末しか載っていない可能性もありますし
倉庫や駐車場で長く放置されていた可能性も否定できません。

車は動かさないと部品が傷んでしまうので
走行距離の多い車よりも状態が悪い場合もあります。

つまり、年式と走行距離のバランスは
とても重要だということになります。

年式を目安にする場合の注意点

中古車選びでおすすめの年式は
3年落ち・5年落ち・7年落ちの車です。

3年落ちの中古車は、新車のメーカー保証が切れるタイミングで
車検前に乗り換える人が多いため流通量が多く
状態の良い車が比較的安く手に入りやすい。

5年落ちの中古車は2度目の車検を迎えるタイミングで
メンテナンス費用を考えて乗り換える人が多いため、流通量が多く価格が下がります。

7年落ちの中古車は、車両価格がかなり安くなりますが
車の状態も落ちるので、走行距離が短めの車が狙い目です。

中古車の購入のタイミングとしては、モデルチェンジ後、年式が変わる1月
ディーラーの決算期(3月・9月)が狙い目とされています。

ポイント

中古車の選び方には、年式と走行距離のバランスが重要です。

中古車の購入のタイミングとして、モデルチェンジ後や
年式が変わる1月などディーラーの決算期(3月・9月)が狙い目とされています。

 

中古車販売店で車の状態を確認するには?

中古車販売店で実際にマツダデミオの中古を見る場合は
車の内外装を見て、傷や汚れやサビなど無いかを確認します。

傷に関しては、パッと見ではわからないこともありますが
小さい傷よりも大きな傷や汚れが確認できるのは避けたほうが良いでしょう。

車の隙間が均一かチェックするという方法もありますが
これはちょっとわかりにくいかもしれません。

明らかに隙間がゆがんでいるとかは
修理歴や水没歴がある可能性も考えられます。

他にも、エンジンをかけさせてもらい実際に運転席に座り
電装品を動かしてみましょう。

異音や振動、臭いなどがないかも確認します。

ポイント

できれば、店員に整備記録簿を確認させてもらい
車の履歴や状態を確認したほうが良いです。

中古車でも、稀に試乗できることがあるので
もし、試乗させてもらえるなら実際にしたほうが良いでしょう。

 

まとめ

マツダデミオの中古はヤバイというのは
ディーゼル車のもでるがリコールがあったりしたからです。

また、故障が多いという理由からも
中古は買うなという人が多かったのも事実といえます。

しかし、週に1回10キロ程度しか乗らないという使用方法なら
壊れやすいというのも納得します。

こういう使い方の場合は、デミオに限らず
ほとんどの車が故障しやすくなるでしょう。

マツダデミオの中古が安いという理由においても
質が悪いからではなく、マイナーチェンジやフルモデルチェンジが多かったので
値段が安くなったということです。

なので、中古のデミオが安いからという理由でヤバイわけではなく
デミオは信頼性や耐久性の高い車だといえますね。

 

関連記事

  • 10年落ちの軽自動車を買い取ってもらう事をあきらめないで!

  • マツダ・デミオの燃料ポンプ不具合でリコール!?いったい何がダメだったのか?

  • 10年以上も車いじり経験のある元スタンド店員がおすすめする工具とは?

  • マツダ地獄の現在は?デミオ5年落ちの買取価格も調べてみた

  • マツダ・デミオの故障率は高い?ディーゼルエンジンのトラブルに注意!

  • 輸入車は壊れやすいと言う本当の意味とは?